高齢の父親から生まれた子どもは自閉症やADHDになりやすい?

東北大学と理化学研究所の研究チームによると、「父親の加齢が子孫の行動に影響を及ぼすこと」が明らかになったそうです。

そしてこれは、高齢の父親から生まれた子どもは自閉症やADHDになる可能性が高くなるとも考えられるそうです。

東北大学大学院医学系研究科の大隅典子教授、吉崎嘉一助教らと理化学研究所の研究チームは、遺伝子の発現を制御する因子Pax6の変異がリスク要因となり、父親の加齢が子孫の行動に影響を及ぼすことを明らかした。

記事によると、マウスを使った実験で解明したようです。

ただしこの記事からだけだと、たとえば何歳だと高齢となるのか?など、詳しいことはまだよくわかりません。

記事によると、父親の年齢は「環境的要因」であり、発達障害はこのような環境的要因と遺伝的要因の両方が相互に絡み合って生じる可能性があるそうです。

また他の環境的要因として、「母親が周産期に感染した場合」や「父親の肥満」などもあるそうです。

一方、環境要因の関与もあり、例えば、母親が周産期に感染した場合や、高齢あるいは肥満の父親から生まれた子どもに自閉症スペクトラム障害や注意欠陥・多動性障害等の発症率が高いことが報告されている。

今後の研究がさらに期待されます。

参考記事:父親の加齢が子孫の行動に影響を及ぼす 東北大と理研が解明


自閉症スペクトラムがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHDASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました