大人のADHDの時間管理に関するチェックリストが話題に

時計

大人のADHDの特徴の1つは、時間管理がうまくできないことです。

たとえば、遅刻をよくしたり、仕事の締め切りをよく破ってしまいます。

そんな人には、以下の「大人のADHDの時間管理のチェックリスト」を利用するのがおすすめです。

このリストには、大人のADHDの人が時間管理で失敗しがちなことが列挙されています。

ADHDの人はこのチェックリストをよく確認し、対策を考えることで失敗を減らすことができるかもしれません。

私もこのチェックリストのかなりが当てはまります・・・。

◆大人のADHDの方の時間管理に関するチェックリスト

1.人との待ち合わせの時間に遅れてしまう
2.やらなければならないことを後回しにして、いつもギリギリで間に合わない
3.大事な用事の日時を忘れてしまう
4.寝るのがいつも遅くなり、翌朝なかなか起きられない
5.読書でも趣味でも、一度熱中するとなかなか止められない
6.一日が終わると、なにかしていたはずなのに、結局何もやり遂げていない
7.やらなければならないことが多すぎて、気が急いて手につかない
8.いつも目の前のことに追われてバタバタしているわりに、自分にとってもっとも重要なこと(長期的な目標など)についてはいつも手つかずのままだ
9.めんどうなことだらけで、圧倒されて、逃げ出したい気分になる
10.根気強くやれば大きな満足が得られることはわかっているけれど、目の前の別の快楽を追い求めてしまう

大人のADHDの時間管理

現在は、以下のようなADHDの人の時間管理に関する本も出ています。興味のある人は読んでみてはいかがでしょうか。


ADHDタイプの大人のための時間管理ワークブック

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました