香港は自閉スペクトラム症(ASD)が多い?自閉スペクトラム症の統計を紹介

自閉スペクトラム症(ASD)に関する統計を紹介します。

以下の記事を参照しました。

36 Important Autism Statistics to Be Aware of in 2021
Check out the latest autism statistics to get a better picture of the prevalence of autism spectrum disorder in the US and around the world.
スポンサーリンク

1.治療法はない

これまでに様々な研究が行われていますが、現時点では自閉スペクトラム症の有効な治療方法はありません。

2.香港は自閉スペクトラム症者が多い

世界中に自閉スペクトラム症の人はいますが、特に香港は自閉スペクトラム症の人が多いです。その数は27人に1人です。一般的には68人に1人の割合と言われています。

3.仕事をすると症状が改善される

自閉スペクトラム症の人は、仕事をすると症状が改善されます。また、生活力が改善されることも調査で明らかになっています。

4.半分は仕事をしていない

統計によると、年齢が25歳の自閉スペクトラム症の人のうち、半分は賃金が発生する仕事をしていません。

おそらく、自閉スペクトラム症の人は仕事を見つけるのが難しいのだと思います。

5.結婚している人は9%、パートナーがいる人は32%

自閉スペクトラム症の人で結婚している人は9%で、パートナーがいる人は32%です。

これは男女でも違いがありそうです。

6.二次障害はうつ病が一番多い

自閉スペクトラム症の人はうつ病になることが多いです。自閉スペクトラム症の子どもは7%、大人は26%がうつ病です。

7.男性が多い

自閉スペクトラム症は男性によく見られ、女性より4倍多いです。

統計によると、男の子は38人に1人で、女の子は152人に1人が自閉スペクトラム症です。

参考記事:36 Autism Statistics to Better Understand the Disorder


自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の本

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました