発達障害は「農薬汚染の食品」と関係がある?

野菜

近年、日本でも発達障害児が急増しているようです。

そしてその裏には、「農薬汚染の食品」が関係しているかもしれません。

研究者によると、農薬汚染の食品が原因で発達障害児になる可能性があるそうです。

「アメリカでも日本でも、発達障害と環境化学物質汚染の関連性が研究され始めています。とくに原因として注目されているのが、有機リン系農薬やPCB(ポリ塩化ビフェニール)などの脳に有害な神経毒性物質です。妊婦や胎児が汚染され、結果的に子供の脳の神経回路が正常に発達せず、行動異常を引き起こすのではないかと推測しているのです」

参考記事:15人に1人!発達障害児急増のウラに「農薬汚染の食品」

すでにアメリカのハーバード大学などの研究チームが、農薬とADHDの関係についての研究を発表しています。

ただし、農薬と発達障害の厳密な因果関係は、まだ明らかになっていません

‘10年、アメリカのハーバード大学などの研究チームが、有機リン系の農薬を低濃度でも摂取した子供はADHDになりやすいことを小児学会誌に発表した。ただし、人間の脳の仕組みは複雑きわまりなく、農薬と発達障害の因果関係を厳密に証明するためには長い年月が必要だと黒田さんはいう。

参考記事:15人に1人!発達障害児急増のウラに「農薬汚染の食品」

研究者によると、妊娠が予想される女性や子供は、「無農薬の食品」を食べたほうが良いとのことです。

特に、日本の農薬使用量は世界第三位と言われています(日本の農薬使用量は世界第3位!? “農薬ムラ”に群がる癒着の構造)ので、注意したほうが良いのかもしれません。

ただし、前にも書きましたが、厳密な因果関係はまだ明らかになっていない点にも注意が必要だと思います。

また、発達障害児が急増しているのは、「検査を受けて発見される人が増えた」ことも原因かもしれません。

昔も発達障害児はいたけど、多くの人は発達障害についてよく知らなかったので、ただ発見されなかっただけとも考えられます。発達障害の人が最近急に増えたというのは少し疑問です。

しかし、海外でも発達障害と食べ物の関係の研究が進んでいて、食べ物に気をつける人も増えているようです。可能であれば気をつけたほうがいいのかもしれませんね。

参考記事:15人に1人!発達障害児急増のウラに「農薬汚染の食品」


子どもの脳は食べ物で変わる

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2