アスペルガー症候群の人に調理師は向いている?

アスペルガー症候群の人の仕事として、調理師は向いているのでしょうか?

一見すると、対人能力はあまり求められない仕事のように見えるので、向いている仕事のように見えます。そこで調べてみました。

スポンサーリンク

「素早い調理が求められる調理人」は向いていない可能性がある

「インディアナ自閉症リソースセンター(Indiana Resource Center for Autism)」によると、高機能自閉症の人やアスぺルガー症候群の人には、「素早い調理が求められる調理人(Short order cook)」の仕事は向いていないそうです。

理由は、同時にたくさんのことをしなければいけないため、高いワーキングメモリーの能力が求められるからのようです。発達障害の人は、一般的にワーキングメモリーの能力が低いと言われています。

具体的には、大衆向けのレストランや、ファミリーレストランの調理人などでしょうか。薄利多売をしているお店は、必然的に短時間でたくさんの料理を作る必要が出てくるように思えるからです。

少数の人を相手にするお店が向いている?

一方で、高級料理店や、個人経営のお店の調理人などは、あまり素早い調理は求められないような気がします。常連の人など、少数の人を相手にするからです。

もしかしたら、そのようなお店の調理人のほうがアスペルガーの人には向いているのかもしれません。

個人的な印象では、調理人の人は、アスペルガー的な人が多いような気もします。高い対人関係能力をあまり求められないと思うからです。どちらかというと黙々と仕事をするイメージです。

ただし、料理人同士や先輩後輩の上下関係が結構厳しいという話も聞くので、それにうまく対応できないと苦労するかもしれません。

また、「障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】」(障がい者向け)などで障がい者向けの仕事を探すこともできます。

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました