大人のADHDの人の半数がアルコールと薬物を乱用している可能性が明らかに

酒

カナダで行われた最新の調査によると、大人のADHDの約半数が、アルコールや薬物を乱用している可能性のあることがわかりました。

また、特にうつ病や不安症があるADHDの人々は、薬物を乱用しやすいことがわかりました。

トロント大学のEsme Fuller-Thomson氏は、「ADHDの人は、うつを抑えるために薬物やアルコールで自己治療している可能性があります。しかし、もちろん、それは災いのもとです」と述べています。

そのため、今回の調査結果は、「ADHDの人の薬物乱用に対処するため、介入の必要性があることを示しています」と付け加えています。

20歳から39歳のカナダ人約6,900人を対象に調査が行われました。

その結果、ADHDを持つ人は、ADHDを持たない人に比べて、薬物乱用障害である可能性が高いことがわかりました。その中でもアルコール依存症が最も多く、次いで違法薬物が多かったです。

Fuller-Thomson氏によると、認知療法は「ADHDの症状や薬物乱用の問題、うつ病や不安に非常に良い影響を与えることが示されています」述べています。

そのため、認知療法がADHDの症状や薬物乱用を改善するのに効果があると考えられるようです。認知療法については以下の記事も参考になります。

大学生向けの新しい認知行動療法プログラムがADHDの症状を軽減

認知行動療法はADHDの症状を改善する?簡単なやり方を紹介

参考記事:Half of Adults With ADHD Have Struggled With Alcohol, Drug Use

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました