ゲームをやると子どものADHDの症状が改善する?アメリカの研究で明らかに

これまで、ADHDの人はゲームをあまりやらないほうが良いと考える専門家が多かったようです。

しかし、アメリカのカリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究によると、ゲームが子どものADHDの症状を改善させる可能性のあることがわかったそうです。

この調査に参加した13歳のネイト・カッツ君は、ADHDの症状のため、長い時間集中することが難しかったそうです。たとえば、本を5分間集中して読むことも難しく、時には2分続かないこともあったそうです。

そのため、ネイト君はカリフォルニア大学の先進的な調査に参加しました。そこで1か月の間、ネイト君は週に5日、1日30分テレビゲームをしたそうです。

その結果母親によると、ネイト君は気分が穏やかになり、課題に長時間集中することができるようになったそうです。これはゲームをした結果だと考えられるようです。

スポンサーリンク

ゲームで脳をトレーニング

医師はこれを「脳のトレーニング」と呼んでいるそうです。ゲームを通して、子どもの集中を助ける脳の部位をトレーニングできるようです。

医師によると、適切に作られたゲームであれば、子どもの注意力を助けることができるそうです。

ただし、ただ画面を受動的に見ているのではなく、適切にタブレットを操作するなど、積極的な関わりが必要なようです。

これを見る限り、ゲームなら何でも良いというわけではなさそうですね。また受動的であってもいけないようです。

すでに脳トレのゲームは複数出ているので、脳を鍛えるゲームはそれほど珍しいものではないのかもしれませんが、ADHDの症状にも効果があるというのはこれまであまり知られていなかったことかもしれません。

参考記事:Video game helping with ADHD

[amazonjs asin=”B008DRITNW” locale=”JP” title=”東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング”]

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました