ADHDの強みと良い点を7つ紹介

牧場

ADHDはネガティブに語られがちですが、強みと良い点も数多くあります。

そこで、ADHDの強みと良い点を7つ紹介します。

スポンサーリンク

1.過集中

過集中は、ADHDの人が何時間も作業に集中し、周りのものを一切気にしなくなる状態です。

これは、多くの場合、好きなことや興味のあることをしている時になります。

過集中の状態になると、パフォーマンスが向上し、より効率的に仕事ができるようになります。

過集中により、気が散ることなくタスクを完了でき、その結果、多くの場合、素晴らしい成果が出ます。

2.レジリエンス(回復力)

ADHDの人は、挫折や逆境を多く経験し、それを乗り越えなければならないことが多いです。

障害を乗り越える経験を通じて、ADHDの人は他の人よりも挫折から立ち直る練習を多くしてきています。その結果、レジリエンスを高めることにつながるのです。

このように障害や課題を克服してレジリエンスを高めることは、強い性格につながり、多くの場合に有益です。

自己認識を深めることも重要

別の研究では、ADHDの人が常に自己認識を持たなければならないことが強調されています。

ADHDの人は、刺激が強すぎたり、退屈したりしないように気をつけて、その中間のバランスを見つけなければなりません。これもまた、自己認識を深め、レジリエンスを高めることにつながります。

それは自己防衛の一形態であり、それがまた個人が活躍することにつながるのです。

3.創造性

ADHDの人は、特に目標に向かって課題を与えられたときに、高い創造性を発揮することが多いです。

また、ADHDの人は、通常とは違った方法で仕事に取り組む必要があるため、優れた問題解決能力を身につけることができます。

ADHDの人は、他の人とは違った視点で物事を見るので、通常とは異なる解決策を考えることが多いです。

4.会話力と人間性

ADHDの人は、会話が上手な人が多いです。この能力は、特に不注意型のADHDを持つ人に当てはまります。

このタイプのADHDの人はおしゃべりな人が多く、会話が必要とされる場面では、たいてい人の興味を引き付ける面白い会話をすることができます。

また、別の研究では、ADHDの人は、社会的知性、ユーモア、感情の認識や共感のレベルが高い可能性が指摘されています。

5.突発性と勇気

ADHDの人の衝動的な性格は、楽しい思い出が残るような突発的な活動に向いています。

ADHDの人は、その時に楽しいことをします。あれこれ考えたり、長期的な影響を気にすることはありません。

研究によると、ADHDの人たちは、この突発的な活動から得られる勇気と一緒に、スリルや冒険を求めることが多いようです。

6.高いエネルギー

ADHDの人の多動性はよく知られています。

クラスメートや職場の同僚に迷惑をかけるというネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、他方では、多動性があるということは、ADHDの人はスポーツやその他の身体活動に優れているということです。

ADHDの人は、エネルギーが豊富で、動くことが奨励される環境で活躍します。

7.変化と混乱を楽しむ

ADHDの人は、特定の対処法があれば、変化と混乱にうまく適応することができます。

そして、プレッシャーの中で成功を収めることができます。

救急医療従事者や消防士など、変化と混乱の多い職業は、ADHDの人に向いていると言われています。

参考記事:6 strengths and benefits of ADHD / The Strengths of People With ADHD

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました