ADHDの人など、気が散りやすく集中できない人におすすめの、集中する方法

仕事場などで気が散りやすく、集中できない人がいます。

特にADHDの人は多いです。

そこで、集中できない人がうまく集中するための方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.「立ち上がる/動き回る」

仕事場などで集中できない場合は、トイレに行くなどして、立ち上がって動きましょう。

また、素早く階段を上り下りするのも効果があります。

2.「落書きをする」

長い電話や退屈な会議で集中できない場合は、落書きをすると集中できます。

3.「手を忙しく動かす」

手を忙しく動かすと集中できます。

たとえば、髪の毛を丸めるなどして手を動かすのがおすすめです。

家では編み物をするのも効果的です。

4.「音楽を聴く」

音楽を聴くと集中できます。

また、やることに合わせて音楽を変えるとさらに良いです。

運動するときは激しい音楽、眠るときは穏やかな音楽などです。

ADHDの人は、ホワイトノイズが効果的だと言われています。

5.「ガムを噛む」

文章やメールを書くときにガムを噛むと集中できます。

もしガムがダメなら、レモンドロップなどでも良いです。

参考記事:9 Constructive Fidgets That Promote Focus


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました