ADHDの新しい治療剤「インチュニブ錠」が発売される

ADHD治療薬にはコンサータとストラテラがありますが、最近新しい治療剤「インチュニブ錠」が発売されたそうです。

5月26日に、塩野義製薬株式会社とシャイアー・ジャパン株式会社が発売したそうです。

ADHD治療剤「インチュニブ錠」を発売-塩野義とシャイアー | QLifePro
塩野義製薬株式会社とシャイアー・ジャパン株式会社は、注意欠陥/多動性障害(ADHD)治療剤「インチュニブ(R)錠1mg・3mg」(一般名:グアンファシン塩酸塩)を発売したと発表した。

塩野義製薬株式会社とシャイアー・ジャパン株式会社は5月26日、注意欠陥/多動性障害(ADHD)治療剤「インチュニブ(R)錠1mg・3mg」(一般名:グアンファシン塩酸塩)を発売したと発表した。

この治療剤の特徴は、ADHD治療薬で初めての「選択的α2Aアドレナリン受容体作動薬」だそうです。といっても、薬に詳しくないとよくわからないですが・・・。

ただし、すでに2009年にアメリカで発売されていて、日本を含む38か国で、累計100万人以上の患者さんに処方されている薬だそうです。世界で多くの人が服用している薬なので、それだけ効果が期待できるということかもしれません。

この薬によりADHD治療薬の選択肢が1つ増えることになるので、当事者にとっては良いことなのかもしれません。

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました