リオオリンピック体操金メダリスト「シモーネ・バイルズ」選手がADHDであることを告白

リオオリンピックの体操で合計4つの金メダルを獲得した、アメリカの「シモーネ・バイルズ」選手が、ADHDであることを告白したそうです。

Simone Biles Proudly Opens Up About Having ADHD
The gymnast disclosed her condition Tuesday after her medical records were leaked by hackers.

しかしこの告白は少し「複雑」で、きっかけはハッカーによる情報の漏えいでした。

ハッカーが漏えいさせた情報の中に、シモーネ・バイルズ選手がオリンピックで使用を禁止されている薬物を使用した記録が含まれていたそうです。この薬物はメチルフェニデートで、リタリンとも呼ばれるものです。

バイルズ選手はADHDの治療のためにこの薬を使用しており、アメリカのオリンピック協会からも薬の使用は認められていたそうです。

その後バイルズ選手はADHDであることを公表しました。バイルズ選手は子どものころからADHD治療薬を飲んでいたそうです。

さらにtwitterでも「ADHDであることや、ADHDの治療薬を飲むことは恥ずかしいことではない」と堂々と宣言し、話題を集めています。

ADHDのオリンピック選手といえばマイケル・フェルプス選手が有名ですが、バイルズ選手も金メダル4つも獲得していますから、大活躍していますよね。

ハッカーによる漏えいがきっかけとはいえ、ADHDであることを公表することはなかなか勇気のいることだとも思うので、凄いなと思いました。

参考サイト:Simone Biles Proudly Opens Up About Having ADHD

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました