トランプ大統領はADHD?複数の専門家が指摘

アメリカのトランプ大統領はADHDの可能性があると、複数の専門家が指摘しています。

トランプ氏の(あまり考えていないように見える)衝動的で落ち着きのない行動などその理由です。

確かにトランプ氏はルールにとらわれない型破りの行動や、数々の内外のスキャンダルなど、話題にはことかきません。

スポンサーリンク

著作で自分にADHDの症状があることを認めている?

また、トランプ大統領自身も、自分にADHDの特徴があることを認めています。

2004年に出されたトランプ氏の著作「Think Like a Billionaire(億万長者のように考える)」では、「成功する人は集中力が欠けている」と書いているそうです。

これはトランプ氏自身も集中力が欠如していることを認めているように思われます。

トランプ氏が子どもの頃はADHDの診断がほとんど行われなかった

もちろんこれはあくまで憶測で、トランプ氏がこれまでにADHDと診断されたことはないようです。

しかし、現在71歳のトランプ氏は、ADHD診断がほとんど行われなかった時期に育った可能性が高いそうです。もしかしたらたまたま診断を受ける機会がなかっただけで、今診断を受けたらADHDと診断されるかもしれませんね・・・。

トランプ氏がADHDであるかは別にして、トランプ氏は良くも悪くもこれまでのアメリカの大統領にはあまりいなかったような人物であることは間違いないように見えます。

トランプ氏を見ていると、はたしてADHDの症状のある人がアメリカという大国のリーダーとして向いているのかどうか、なかなか難しいところではあります。

参考記事:Does Donald Trump Have ADHD?


トランプ思考

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました