大人のADHDの症状を一言で例えるとどんな感じ?

コンピュータの画面

ADHDの症状は人によって様々だと思います。

もしADHDの症状を一言で例えるとしたらどのような感じになるでしょうか?当事者の人が例えた例をいくつか紹介します。この中に共感できるものもあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

1.「ハムスターの回転車(ハムスターホイール)」

「ADHDはまるで回転車を回しているハムスターのようです。しかも全速力で、ノンストップです。」

2.「ヤッツィー(Yahtzee)」

ヤッツィーは、5つのサイコロを振って、ポーカーの手に似た手を作り、高得点を競うゲームです。

「ADHDはまるで誰かが「自分の脳」をヤッツィーのカップに入れ、サイコロを振るように脳を振り、それから床にばらまくのと似ています。そうしてバラバラになった脳をまとめるに一日を費やすのです。」

3.「糖蜜」

「ADHDは、まるで「糖蜜」の中を重い足取りで進むようなものです。」

4.「独り言」

「ADHDはまるでノンストップで続く独り言のようなものです。」

5.「コンピュータの故障」

「ADHDは、まるで脳内のコンピュータが故障した状態で一日中歩いているようなものです。」

6.「永遠に終わらないプレゼンテーション」

永遠に終わらないパワーポイントのプレゼンテーションを見たことがありますか?私にとってADHDとはそのようなものです。」

7.「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

「ADHDは5分後の未来に生きているようなものです。過集中が始まると、世界は存在しなくなります。一切が存在しません。時間の感覚もなくなるのです。」

8.「日によって全く違う」

「ADHDは、ある時には誤解され、過小評価され、崖っぷちに立たされているように感じられます。しかし別の時には、輝き、自信にあふれ、世界のてっぺんにいるように感じられます。これは完全にその日によって違うのです。」

9.「大量のタブ」

「ADHDはまるで600ものタブが開かれたブラウザのようなものです。それぞれのタブで開いているサイトは、すべて違うものです。」

10.「脳をミキサーにかける」

「ADHDはまるで思考をミキサーにかけて混ぜ合わせているように感じられます。」

11.「オール「アンド」ナッシング」

「ADHDは、いつも、全てを完璧にやりたいという気持ちと、何一つ一切やりたくなくないという気持ちが同時にあるように感じられます。」

以上がADHDを一言で例えた例です。私はこの中では「多すぎるタブ」「日によって全く違う」「オールアンドナッシング」が共感できるように思えました。

参考記事:”To Me, ADHD Feels Like…”


大人のADHD。事例で分かる注意欠陥多動性障害。仕事が上手くいかない30代Aさん。10分で読めるシリーズ

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました