「内向的」な人や「HSP」の人におすすめの「ストレスが少ない仕事」

対人苦手リンク

内向的な人やHSPの人はストレスの少ない仕事がおすすめです。

なぜなら、ストレスにさらされると普通の人以上にエネルギーを消耗しやすいからです。

そのため、できるだけストレスのない仕事がいいですね。

まず、仕事でストレスの原因となるものをいくつか紹介します。仕事を選ぶ時はこれらが少ない仕事を考えてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

仕事でストレスとなる可能性のあるもの一覧

  • ノルマ」ノルマや達成目標があるとストレスになりやすいです。
  • 不安定」いつ解雇されるかわからない不安定な仕事もストレスになります。
  • 終わりがない
  • 決まった時間に終わらせなければいけない
  • 単純に難しい」仕事の内容が難しいとストレスになりますね・・・。
  • リスクが大きい(医者など)」もし失敗したときは大きなストレスになります。
  • 共感疲労をしやすい」人の生死にかかわる仕事は感情的に疲労しやすいです。
  • 騒音などが多い環境」HSPの人は特にストレスになるかもしれません。
  • 人を扱う」内向的な人にとって人を扱う仕事はエネルギーを消耗しやすいです。たとえば、「カスタマーサービス」の仕事などは内向的な人のストレスとなりやすいようです。特に、不機嫌な人を扱う場合はストレスが多くなると思います。

以上です。内向的な人やHSPの人は、とりあえず以上の特徴を多く持つ仕事は避けたほうが良いのかもしれません。

私も非常に内向的な性格ですが、とても共感できます。

それでは、逆にストレスが少ない仕事の特徴はどのようなものでしょうか?

次にストレスの少ない仕事の特徴を紹介します。

ストレスの少ない仕事の特徴

ストレスの少ない仕事の特徴は以下です。こちらも仕事選びの参考になるかもしれません。

  • スケジュールを自分で決められる、またはフレキシブル。
  • 人を助けたり、満足を得られたり、興味が持てる。
  • 厳しい締切がない。
  • ノンストップで人を扱う必要がない(特に内向的な人)。

そして最後に、内向的な人とHSPの人におすすめの、ストレスの少ない仕事のリストを紹介します。

内向的な人とHSPの人におすすめの、ストレスの少ない仕事のリスト

以下が内向的な人とHSPの人におすすめの、ストレスの少ない仕事のリストです。これらの中から自分に会った仕事を選ぶと良いかもしれません。

  • サービス業/管理人、庭師、仕立て屋、トラック運転手、郵便配達人、内装業、犬の散歩代行
  • データを扱う仕事/エコノミスト、税務作成者、数学者、統計学者、天文学者、金融アナリスト。 データを扱う仕事は予測が「可能」なので、人を扱う仕事よりも内向的な人やHSPの人に向いているようです。
  • 技術に関係した仕事:コンピュータ・エンジニア、ソフトウエア開発。ただし、上司と合わなかったり、厳しい締切があったりするとストレスになります。
  • 機械修理
  • 工場
  • アーキビスト
  • グラフィックデザイナー(クライアントの対応はストレスになります)
  • 校正/編集者
  • 映画、動画、音声編集
  • 翻訳者
  • 栄養士
  • 科学者
  • 医学記録転写(メディカルトランスクリプション)

個人的には、管理人や郵便配達人、アーキビスト、翻訳者などがいいのかなと思いました。

エンジニアや動画編集の仕事は締切が厳しかったり、仕事が難しかったりしてストレスが多くなる可能性もあります。

アルバイトは「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】」などで探せます。

また、障害のある人は「障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】」などでも仕事を探せます。

参考記事:Low stress jobs for introverts and sensitive people

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ