「人見知り」の人に向いている仕事は?

対人苦手リンク

人見知りの人に向いている仕事を紹介します。

人見知りの人は基本的に人と接することが少ない仕事が向いていると思います。

そこで、ネットの情報や個人的な経験から紹介します。

*重度の人見知りは「社会不安障害」の可能性もありますので、専門家の診断を受けたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「データ入力」

一日中パソコンに向かっているような仕事ですので、人と接することはあまりないでしょう。

2.「新聞配達」

人と接しない仕事の代表格ですね。ただし、体力はある程度必要です。

3.「雑貨屋」

個人で開いているような雑貨屋さんの仕事は、たくさんの知らない人と接することはあまりないでしょう。女性が多いと思います。

4.「工場」

工場ではむしろ仕事中に人と話すのは禁止されていることが多いです。

ただし、工場の同僚との人間関係はあります。

5.「仕分け」

宅急便などを仕分ける仕事ですね。黙々とできる仕事です。

ただし、体力的にきつい仕事です。男性が多いと思います。

6.「ポスティング」

チラシを家のポストに投函するしごとです。1人で黙々とできる仕事です。

体力もそれほど必要ないので、男女問わずできます。

ただし、それほどお金は稼げません。

7.「接客業」

人見知りを克服するために、あえて接客の仕事をしているという人もいるようです。

以上です。

個人的に「人と接することが少ないランキング」をつけると、一位はポスティング、二位は新聞配達だと思います。

何十年も引きこもっていた長期ひきこもりの人がポスティングのアルバイトを始めたという例もあります。長期ひきこもりの人でもできるくらい、難易度の低いアルバイトと言えるかもしれません。

最近、大人の引きこもりが話題です。 40歳、50歳の引きこもりの人も珍しくないそうです。そして、引きこもる期間が長くなればなるほど、社...

アルバイトは「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】」などで探せます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ