「被害者意識(ヴィクティムメンタリティ)」から脱け出す方法とは?

対人苦手リンク

被害者意識(ヴィクティムメンタリティ)から脱け出す方法を紹介します。

もちろん、何らかの被害を受けた人が被害者意識を持つのは当然ですし、悪いことではないと思います。

ただし、被害者意識にはマイナス面も多くあります。

たとえば、被害者意識によってネガティブなことばかりを考えてしまい、その結果目標があっても行動ができなくなることがあると思います。

これは何より本人にとって一番良くないことだと思います。

そこで、以下で被害者意識から脱する方法を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「被害者意識のメリットを知る」

まず、「被害者意識」には、いくつかメリットがあります。

「他の人の注意を集められる、助けてもらえる」

被害者の立場だと他の人の注意を集められ助けてもらえます。

ただし、このメリットは周りの人が疲れてしまうので、そう長くは続きません。

「リスクを取る必要がない」

自分が犠牲者のように感じられると、拒否されたり失敗するような危険を冒す行動をしなくなります。

「重い責任をとる必要がない」

人生の責任を取るのは大変な仕事です。

難しい決断や重い責任を背負う必要も出てきます。しかし、自分は犠牲者で悪いのは周りの人だと考えると楽な気持ちになれるのです。

以上が被害者意識から生じるメリットです。

これらのメリットがあるため、被害者意識を捨て去ることができないことを知りましょう。

そして、被害者意識から脱するためには、これらメリットを手放す必要があります。

被害者意識を捨てることで、被害者意識によるメリット以上のものが得られる場合もあるのです。

2.「別の考え方を取り入れる」

あなたは毎日毎日、過去の悪い出来事や、危害を加えた人間たち、さらには仕返しの方法などを延々考えているかもしれません。

その代わりにべつの新しい考え方を取り入れましょう。

ただし、これは不快に感じられることかもしれません。なぜなら、長年被害者意識にとらわれてきた人にとっては、慣れないことだからです。

3.「人生の責任を取る」

自分に自信が持てない人の多くは、自分の人生の責任を取っていない人が多いようです。

自分で責任を取る代わりに、誰か他の人を非難するのです。そうして、被害者意識は生まれ強まっていきます。

まずは1日だけでも自分で責任を取るような生き方をしてみましょう。

そうすると、きっと気分は良くなるはずです。

また、自分の気持ちの安定を周りからの承認に依存するのは止めましょう。

代わりに、周りから何を言われても気にしないくらい、ポジティブで安定した自己を築きましょう。

4.「許す」

もし、あなたが特定の人や出来事に怒っているなら、それはその対象とあなたの関係が続いていることを意味します。

怒りの対象を許さない限り、あなたは何度も何度もその対象を思い返し、離れられなくなります。

許すことで初めて、その対象から離れ、自由になれるのです。

さらに、あらゆる「怒り」からも自由になれるのです。

5.「意識を外に向け、誰かを助ける」

被害者意識が強くなったら、意識を自分ではなく外に向けましょう

それが結果的に自分のためにもなります。

たとえば、他人に親切にすればするほど自分にも優しくできます。他人を愛すれば愛するほど自分も愛することができるのです。

6.「休む」

被害者意識から脱しようとすることはなかなか大変なことです。

時には休むことも大切です。

完璧である必要はありません。完璧であろうとすると少しの失敗でも大きな問題だととらえてしまい、ネガティブなスパイラルに入り込んでしまいます。

疲れた時は休んで、これまでのヒントをもう一度思い返しましょう。

参考記事:How to Break Out of a Victim Mentality: 7 Powerful Tips

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ