内向型の性格には4つのタイプがある?内向型のタイプとは

対人苦手リンク

「内向型」の性格にはいくつかタイプがあるようです。以下の記事によると、4つのタイプがあるそうです。

When I started college, I had a big goal for myself: Not to be shy. I promised myself I was going to be outgoing, meet new people, and have great conversations ...

そこで、それぞれのタイプを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「社交タイプの内向型」

こちらは内向型の性格の中でも、社交的なタイプです。

人が集まる場所でもシャイになることはあまりありません。

また、社交的な内向型の人は、大きなグループよりも小さなグループでの交流が向いています。そのため、小さなグループの中での交流に時間をかけたほうが良いです。

また、1人でいる時間に罪悪感を持たないほうがいいでしょう。その時間はエネルギーを充電している時間なのです。

2.「考えごとタイプの内向型」

このタイプは、考えごとに夢中になり「うわの空」の状態になることがよくあります。物事をよく考える人ですね。

そのため、一日の中で考えごとのできる時間を作っておく必要があるでしょう。

また、日記などを書いて、考えごとを紙に書き出すのもおすすめです。

3.「不安タイプの内向型」

不安タイプの内向型は、人の集まる場所が苦手です。

参加した後は、全体を振り返り、ああすればよかった、こうすればよかったなどと1人反省会をよくします。

不安タイプの内向型の人は、何か特別なイベントに参加するときは、仲の良い友人と一緒に行ったほうが良いでしょう。不安になったときは友人にサポートをしてもらいましょう。

4.「抑制タイプの内向型」

このタイプは、何をするにも時間をかけてから実行に移すタイプです。話をするときも、事前によく考えます。

そのため、実行に移すまでに時間がかかります。このタイプの人はそのことを受け入れたほうが良いでしょう。

以上です。

私は3の不安タイプの内向型ですね。人の集まる場所に行った後は、必ず一人反省会をしてしまいます。ああすればよかった、こうすればよかったなどとくよくよ考えてしまいます。ときには何日、何週間も引きずる場合もあります。

こういう人は、記事にもあるように仲の良い友人などと一緒にいると良いのかもしれませんね。

参考記事:4 Types of introverts — and confidence-building strategies for each one

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ