親にやりたい仕事を反対されたらどうする?反対する親や家族との付き合い方

就職するときや転職するとき、やりたい仕事を親に反対されたことはありませんか?

就職のときは、もっと堅実で安定した仕事を選ぶように言われたり、転職するときは、仕事を辞めること自体に反対されるかもしれません。それで親とけんかになったこともあるかもしれません。

そんなときに対処するための方法を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「熱意を示す」

親に熱意を最大限示しましょう。自分がどれだけやりたいのかアピールするのです。

結局のところ、親は子供の幸せを一番に願っています。この仕事をやれば自分は幸せになれると伝えましょう。

また、親がよく知らない仕事の場合は、きちんと説明をするのも有効です。

2.「親の不理解を受け入れる」

親からいつも理解されるわけではないことを受け入れましょう。親と自分は違う人間なのです。それが成長の一歩にもつながります。

親と自分の境界線を引くことで、仕事に感じる不安が自分のものではなく、親のものあることを認識できます。

また、いつも親の承認を期待していたり、親に認められるために仕事を選ぶのも危険です。それは共依存になる可能性があります。

3.「親の反対を内面化しない」

人は「感情の理由づけ(emotional reasoning)」を行います。感情を事実と結びつけてしまうのです。一種の認知のゆがみです。

親から希望の仕事が向いていないと言われ不安を感じると、それを事実のようにとらえてしまうのです。しかし、これは親の意見であり、あなたが本当に不向きなのかどうかはわかりません。

そのため、親と話す前に、自分はこの仕事を本当に望んでいるのか、自分自身に確かめる必要があります。

4.「反対の理由を聞く」

親に、なぜ反対するのか、その理由を聞いてみましょう。

もしかしたら、もっと別の才能があると思っているのかもしれません。または、自立するにはまだ早いと思っているのかもしれません。

理由を聞くことで、親はただ反対しているだけではないんだ、ということがわかります。けんかではなく、建設的な意見の交換ができるようになります。

参考記事:7 Ways To Get Your Family To Back Down Over Your Career Choices

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ