対人関係苦手な人はWEBデザイナーの仕事に向いている?

対人苦手リンク

時々、対人関係の苦手な人はIT系やデザイン系の仕事に向いていると言われます。

それでは、WEBデザイナーの仕事は対人関係苦手な人に向いているのでしょうか?

私は以前WEBデザイナーの仕事をしていたことがあるので、その経験から考えました。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「WEBデザイナーにも対人関係能力は必要」

WEBデザイナーの仕事は、一日中パソコンに向かう仕事のようなイメージがあります。

しかし、WEBデザイナーにも対人関係能力が必要です。特に、組織の中で働く場合はそうです。

たとえば、新人のときはわからないことが多いと思うので、その都度先輩に質問をする必要があるでしょう。しかし、WEBデザイナーの職場は忙しいことが多いので、先輩のタイミングを見て質問をしなければいけません。

対人関係の苦手な人は、これが苦手な人が多いような気がします。空気を読むこと、臨機応変な対応が必要なので、発達障害傾向のある人も苦手かもしれません。

また、一度聞いたことをまた聞くと怒られる場合が多いでしょう。人の話を一回で理解する能力も必要です。私はこれも苦手でした。

さらに、チームで仕事をすることが多いので、協調して仕事を進める必要があります。これも苦手な人がいるかもしれません。

「WEBデザイナーは明るい人が多い?」

また、これは私の個人的な印象ですが、WEBデザイナーは性格の明るい人が多いような気がします。

特に、デザイン学校出身の人などはそういう人が多い気がします。性格が暗い人は少し浮いてしまう可能性もあります。

一方、コーダーやプログラマーは比較的性格が暗い人が多いような気がします。

「スキルを磨き、職場を選ぶ」

以上を見ていくと、WEBデザイナーの仕事にも対人関係能力は必要です。性格も明るい人が多いような気もします。

しかし、それでも営業や接客の仕事と比べると対人能力が必要とされない仕事だと思います。

対人関係が苦手な人がWEBデザイナーの仕事をする場合は、スキルを磨くことで対人能力の低さをカバーするとよいと思います。

子どものころ、教室に一人は「物知り博士」のような人がいましたよね。彼らはおそらく、対人能力の低さを知識でカバーしていたのだと思います。対人能力の低い人は物知り博士のようなポジションを狙うとよいかもしれません。

また、職場選びも重要です。

明るいキラキラした感じの職場は避けたほうがよいでしょう。

「仲の良い職場」「飲み会や社員旅行が多い」などのキーワードで求人を募集している会社は、明るい人や対人能力の高い人、体育会系の人が多い可能性があります。

「フリーランスもおすすめ」

フリーランスでWEBデザイナーをやるという手もあります。

WEBデザイナーとフリーランスは相性がよいと思います。自宅で仕事をすれば、対人関係はあまり発生しないでしょう。

ただし、フリーランスはある程度のスキルが必要だと思います。

また、自分で営業などをして仕事を獲得する必要があります。さらに、収入が不安定になるというデメリットもあります。

まとめ

  • WEBデザイナーも対人能力は必要
  • WEBデザイナーは明るい人も多い
  • スキルを磨いて対人能力の低さをカバー
  • 明るいキラキラした職場は避ける
  • フリーランスも選択肢の一つ

WEBデザイナーになりたい人は、「Webデザインスクール・Webデザイナー養成所【クリエイターズハイブ】」などの専門のスクールに通うと、短期間で知識を習得できるようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ