コミュ障の人はプログラムを勉強して底辺のIT会社で働くと良いかも?

対人苦手リンク

プログラムのコード

コミュ障の人はプログラムを勉強すると良いかもしれません。

プログラマーの仕事は、コミュ障やアスペルガーの人など、人づきあいが苦手な人に向いていると言われます。

実際、以下の記事では、コミュ障で他に何のとりえもない人が唯一プログラムができることでなんとか生き延びられていると書かれています。

すごいコミュ障だけど、プログラムが書けるから仕事がもらえてる。コミュ障すぎて、周囲からは「こいつおっさんのくせにしょうがねーな」って…

すごいコミュ障だけど、プログラムが書けるから仕事がもらえてる。
コミュ障すぎて、周囲からは「こいつおっさんのくせにしょうがねーな」って軽蔑されてるんだろうけど、プログラムに関してはいろいろ相談されるしな。

10代のころは漫画家になりたかったけど絵の才能がぜんぜんなくて断念。あのとき中途半端に絵の才能があって漫画の道に入ってたら(生き残るのは無理だから)、つぶしのきかない人生になってたろうな。
コミュ障すぎてコンビニの店員とか絶対無理なレベルだし、プログラマー以外はどうやって食っていくか想像がつかないわ。

ただし、もう一つ重要なポイントは「底辺のIT会社」で働くことのようです。

才能って言っても、ベンチャーでバリバリやってるような人とか、ブログでプログラミングの記事を書いてるような人に比べたら全然なんだけど、底辺のIT会社はびっくりするくらい技術レベル低いから相対的には能力高くなってる。

底辺のIT会社だと周りに優秀な人があまりいないので技術が評価されやすいということだと思います。逆に、周りに優秀な人が多い大手の会社などだともしかしたら大変になるかもしれません。

そのため、コミュ障の人はプログラムを勉強すると同時に、自分の技術力が評価されやすい環境(底辺のIT会社など)を選ぶことが重要なのだと思います。

ただし、底辺の会社の中にはブラック企業のようなところもあると思うので、その点は注意が必要だと思います。

また、もちろんプログラムも向き不向きがあります。コミュ障の人の中にはプログラムが苦手という人もいるでしょう。誰にでもできる仕事ではないと思います。

重要なのは、プログラムでなくても何か一つ特技があり、それが評価されるような環境にいることだと思います。

それがコミュ障の人が生き延びるための方法の一つかもしれません。

プログラミングの勉強をしたい人は「【完全無料プログラミング研修&就活塾】」などのサービスを利用すると、無料でプログラムの勉強ができて就職支援も受けられます(一都三県30歳以下)。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2