優柔不断な人などが大きな決断をするためのヒント

対人苦手リンク

何かを「決断」することは難しいです。

たとえば、会社を辞める、転職する、結婚する、引っ越すなどなど・・・。

特に、普段から優柔不断な人は決断がなかなかできないという人も多いでしょう。

決断することが大きければ大きいほどそうだと思います。

そこで、上手に決断するためのヒントをいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「どのくらいの時間考えたか」

決断したいことについてどのくらいの時間考えましたか?

2、3日なのか、それとも2、3年なのかで大きく違います。

考えた時間が長ければ長いほど、その決断は重要なものとなります。

2.「体はどのような反応を示すか」

決断した後の結果を想像してください。その後の数か月間の人生を想像してください。

想像したときに、あなたの体はどのような反応を示しますか?

興奮や緊張感、安堵の気持ちは肯定的な感情です。

反対に、無関心や退屈な感情には注意が必要です。

3.「恐れの感情はあるか」

「恐れ」の感情は、しばしば次に何をするべきかを教えてくれます。

自分にとって本当に重要なことだから恐れるのです。

重要なことだから、失敗したり間違いを冒したくないと恐怖するのです。

4.「長期的な目標に沿ったものか」

その決断は長期的な目標に沿ったものですか?

5年10年先、あなたは何をしたいのかを自分に問いましょう。

そして、その目標を書きとめます。

それから、今回の決断が長期的な目標にどう影響するのかを考えましょう。

未来のあなたが感謝するようなことをしましょう。

5.「選択肢を考える」

考えられる選択肢をできるだけたくさんあげましょう。

数は多ければ多いほど良いでしょう。

6.「リスクを考える」

決断したときのリスクを考えましょう。

実行したときに起こりうる最悪の結果をリストアップしてください。

それから、それが本当に危険なのかどうかを考えましょう。

7.「決断しないことのリスクを考える」

決断しないことのリスクを考えましょう。

「決定しないこと」もまた1つの「決定」です。

8.「決断するタイミングを考える」

今は決断する時として正しいでしょうか?

必ずしも全ての決断を今すぐに行う必要はありません。

ただし、決断する期限は作ったほうがいいでしょう。

あまりに遅くなり過ぎるのも問題です。

9.「過去の経験を考える」

過去、同じように大きな決断をしましたか?それはいつですか?

その決断の結果はどうでしたか?

過去の経験から現在の決断の意味を考えましょう。

以上です。

重要なのは、決断しないことも一つの決断ということです。どちらにしても、何らかの決断はしなければいけないのです。

また、人生には正解も不正解もないということも重要です。

そして、成長するためには何らかの変化が必ず必要です。

必ずしも人の意見を聞く必要はありません。それよりも自分の内なる声に耳を傾けましょう。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ