引きこもり主婦が増加?引きこもり主婦の特徴とは

対人苦手リンク

引きこもりというと無職の男性というイメージがあります。

しかし、最近は引きこもり「主婦」が増加しているそうです。

実際に数として増えているのかどうかはわかりませんが、注目を集めているのは事実のようです。

そこで、引きこもり主婦の特徴などを簡単にまとめました。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「引きこもり主婦になりやすいタイプは?」

引きこもり主婦になりやすいタイプは、「友人が少ない」「インターネット好き」「面倒くさがり屋」「人混みが苦手」「人づきあいが苦手」などの特徴がある人だそうです。

あまり社交的ではないインドアタイプの人が引きこもりになりやすいのかもしれませんね。

「引きこもり主婦の具体例」

実際に引きこもりになった主婦の例としては、以下のようなものがあります。

・上司から受けたパワハラが原因で会社を退職し、その後もパワハラ体験を引きずり、家族の前では「普通の母親」を振る舞いつつも実態は家から出ることもできずにひきこもり状態になっている女性

・幼少期に受けた心の傷が癒えぬまま結婚したことで〈家族以外の人に心を閉ざし、社会やコミュニティから孤立している〉女性

・夫の転勤によって海外に移り住み、現地の”駐在員妻のママ友コミュニティ”に入れずにひきこもってしまった女性

急増! 知られざる「ひきこもり主婦」の実態…彼女たちを追いつめるものとは?

どれも生々しい感じがします・・・。

「主婦という仕事が引きこもりになりやすい?」

おそらく、主婦という役割自体が引きこもりの原因となっているのかもしれません。

主婦の仕事は家で家事をすることですから、自然と家に引きこもることも多くなるでしょう。働いていなければ外の世界の接点もなくなります。

社交的でアウトドアタイプの人であれば問題ないのかもしれませんが、そうでないと余計に引きこもりが加速してしまうのかもしれません。

もしかしたら引きこもりの主婦の人は昔からいて、それが最近になって注目され始めただけかもしれません。

私も以前アルバイトしていたお店で引きこもりのような主婦の人と出会ったことがあります。人づきあいが苦手なようで、すぐにアルバイトを辞めてしまいました。

「引きこもりの主婦の人は在宅ワークがおすすめ?」

引きこもり主婦の人は家族以外の人との接点を作ることが大切だと思います。

個人的には何か仕事をすると良いのではと思います。

最近は在宅ワークなども増えているので、まずは家でできる仕事から始めてみても良いかもしれません。ブログを始めたり、WEBライターなどがおすすめです。

たとえば、「お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス」は主婦の人も多く働いている在宅ワークの求人紹介サイトです。こちらで仕事を探してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ