こんなサインがあったら仕事を辞めたほうがいいかも?仕事の辞め時がわかるサイン

対人苦手リンク

新年(2017年)が始まりましたね。

新しい年になり、心機一転、新しいことに挑戦したいという人も多いでしょう。その中の一つに、「仕事を変える」ということもあるかもしれません。

しかし仕事を変えることはそう簡単にできることではありません。そこで仕事の「辞め時」がわかるサインをいくつか紹介します。

これらのサインがあったら、今の仕事を辞め、新しい仕事を始めるべき時なのかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「(仕事中)時計を繰り返し見る」

もちろん、誰もが多かれ少なかれ、仕事から解放されたいと思い、時計を見るでしょう。しかしもしそれが毎日絶えず続くようなら、新しい仕事を始めたほうが良いかもしれません。

集中できる新しい仕事を始めたら、きっと時計を眺めていた退屈な時間を思い返すでしょう。

2.「日曜日の夜は憂鬱になる」

多くの働く人にとって、週末は仕事から解放され、くつろぎの時間と人との交流を楽しみます。

しかしもし仕事が苦痛なら、週末は、また恐ろしい仕事が始まる時間を数えるだけの、苦痛なカウントダウンの時間になります。

3.「家族や友人はあなたの愚痴にうんざりしている」

忙しい仕事を終えた後、愚痴をつぶやくことは珍しくありません。

しかしもし友人や家族が、あなたの仕事への愚痴に対して何か意見をするようになったら、仕事の変え時かもしれません。

4.「あなたの仕事は何ですか?と聞かれるとため息が出る」

新しい人に出会ったとき、多かれ少なかれ、仕事のことを聞かれます。

その時に、長いため息が出るようなら、仕事を変える時なのかもしれません。

5.「認めてもらえない」

あなたがどんなに素晴らしい仕事をしても、上司がそれを認めてくれなければ、あなたの仕事の将来の可能性は限られてくるかもしれません。

以上が仕事の辞め時かもしれないサインです。

もちろん、これらのサインがあったとしても、長く続けていくことで、新しい変化が生まれる場合もあります。しかし仕事を新しく始めることは、確実に何かの変化が生まれます。

仕事は「ハタラクティブ」や「障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】」(障がい者向け)などで探せます。

参考記事:Five signs you should quit your job in 2017

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ