兵庫県宝塚市が就職氷河期世代を対象とした正規職員を募集

就職氷河期世代は、現在30代半ばから40代半ばの人たちです。

ちょうど不景気の時期に就職活動をした人たちです。正社員の募集は少なく、多くの人が非正規の仕事やアルバイトにしか就けませんでした。

兵庫県宝塚市では、そんな不運な世代を対象に正規職員の採用試験を行うそうです。

 「就職氷河期世代」とされる30代半ばから40代半ばの人を対象にした正規職員の採用試験を、兵庫県宝塚市が今夏に実施する。来年1月から採用するという。氷河期世代は不景気のもとで新卒時に正規雇用の道を閉ざ…

「就職氷河期世代」とされる30代半ばから40代半ばの人を対象にした正規職員の採用試験を、兵庫県宝塚市が今夏に実施する。来年1月から採用するという。氷河期世代は不景気のもとで新卒時に正規雇用の道を閉ざされ、現在も非正規で働いている人が多い。行政機関が率先して安定した働き方を提供する狙いだ。

最近になって就職氷河期世代の問題が語られるようになっていますが、具体的な対策はあまり見られませんでした。そのため、今回の取り組みは画期的かもしれません。

今年の夏に実施する予定で、事務員3人を募集するそうです。さらに、今後3年間試験を続ける予定だそうです。

市が募集するのは事務職員3人。1974年4月2日~84年4月1日生まれで、高卒以上の学歴の人。職務経験に関する条件は課さない。8月19日~同30日に申し込みを受け付け、9月22日に1次試験を実施。その後、面接も予定している。募集要項は8月1日から市の関係機関で配布するほか、市のホームページでも公開する。就職氷河期に絞った採用は、少なくとも3年間続ける。

募集要項は8月1日から市のホームページでもみられるようです。

興味のある人は試験を受けてみてはいかがでしょうか。

参考記事:「大変」では済ませない 兵庫の宝塚、氷河期世代採用へ


アラフォー・クライシス: 「不遇の世代」に迫る危機

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2