5秒でやる気が出る方法とは?

対人苦手リンク

やらなければいけないことがあるのに、やる気がなかなか出ず、行動に移せないという人はいませんか?

そんな人に役に立ちそうな、「5秒でやる気が出る方法」がネットで話題になっています

たった5秒でやる気が出るなんて信じられませんが、それは以下の方法だそうです。

1: 名無し募集中。。。 2018/04/22(日) 09:38:49.23 0 やらなきゃいけない事を今やるか迷ってる時に 声に出して 5、4、3、2、1、GOと言って行動にうつす 脳が自己防衛本能で言い訳を作る前に行動するという方法だ 詳細は、この動画

やらなきゃいけない事を今やるか迷ってる時に

声に出して
5、4、3、2、1、GOと言って行動にうつす

脳が自己防衛本能で言い訳を作る前に行動するという方法だ

これはいわゆる「5秒ルール」というものだと思います。

人間は時間が経てば経つほどあれこれ言い訳をしてやらなくなってしまいます。そのため、5秒という短い時間の間に行動を移せば、言い訳を防ぐことができるのだと思います。

やる気が出ないときは、とりあえず5、4、3、2、1と数えて行動に移すようにすれば、やる気がでるようになるかもしれません。

また、これはADHDの人にも効果的だと言われます。以下の記事も参考になります。

行動力のないADHDの人は、5秒ルールがおすすめです。 5秒ルールというのは、行動を開始する際に「5、4、3、2、1」と、5秒数えてか...

行動しようとするとき、脳は行動しないようあなたに話しかけます。頭の中にはいろいろと行動しない理由が浮かびます。

たとえば、「失敗するのではないか」「今の状態が一番ではないか」・・などです。そして、結局行動するのを止め、安全圏にとどまってしまいます。

しかし、5秒ルールを実行し、5から1へとカウントダウンを開始すると、頭はカウントすることに集中するので否定的な理由が頭に浮かぶのを防げます。

そのため、脳に邪魔されずに行動を開始することができるのです。

どんなに賢くても、脳は2つのことを同時にできないことが理由のようです。

やる気が出ない、行動力がない、と悩んでいる人は、この5秒ルールを試してみると良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2