内向的な人が職場で生き延びるための方法は?

対人苦手リンク

内向的な人は外向的な人よりも職場で生き辛いと思います。

たとえば、発言を求められるミーティングや、人が多かったり、音がうるさいオフィスの環境などに疲れてしまう人も多いでしょう。

そこで、内向的な人が職場で生き延びる方法を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「自分の価値を知る」

チャールズ・ダ―ウインや、ローザ・パークス、ガンジーなど、世界の偉人の共通点は「内向的」なことです。

また、心理学者によると、内向的なことは欠点ではなく、悪いことのように思う必要はないそうです。

さらに、研究によると、外向的な人ほど仕事の能力が高いという事実はないそうです。内向的だからといって自信を失うことはないのです。

加えて、技術の発達により、内向的な人が活躍できる場面も増えているそうです。

2.「適所を見つける」

もし仕事環境があなたの性格と合わない場合、その仕事を好きになるのは難しいでしょう。それはあなたと雇用者の両者にとって時間の無駄になる可能性があります。

トップセールスマンになろうと自分を変える努力をするよりも、あなたの強みや好みを認識するのに時間をかけたほうが良いでしょう。

性格に合った仕事を見つけることは、仕事の生産性を高めるだけでなく、心の幸福にとっても重要です。

「ふり」をすることもできますが、それが長期間に渡る場合は非常にエネルギーを消耗するでしょう。

自分の性格に合った仕事探しは、「ハタラクティブ」や「第二新卒ナビ」などの就職・転職サービスも利用できます。

3.「エネルギーを充電する」

内向的な人は、人が多い環境や社会的な場面に多く接するとエネルギーを消耗しやすいのが特徴です。そのため、内向的な人はより刺激が少ない場所を好みます。

電池を充電するのに時間がかかるように、内向的な人もエネルギーを回復するのに時間がかかります。

もし刺激を多く受けてエネルギーが消耗したら、その環境から抜け出して静かな場所に行き、エネルギーを充電したほうが良いでしょう。

産業心理学の研究によると、絶えずエネルギーを補充できない人は時間の経過とともに疲弊し、感情的な疲労を経験するそうです。

4.「準備をする」

特に恥ずかしがり屋の内向的な人は、仕事の面接などのときには前もって十分に準備をしておくと良いでしょう。

5.「会話をする」

もし辛いことがあったら、経営者や上司などにそのことを伝えることを恐れないほうがいいでしょう。自分の気持ちを話すと良いでしょう。

もし疎外感を感じることがあっても、あなたは価値のあるメンバーであるということを忘れないでください。

参考記事:An introvert’s survival guide to the workplace

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ