昔の嫌な思い出がフラッシュバックしてきたらどう対処すればいいか?

突然、昔の嫌な思い出が頭の中に浮かんでくることはありませんか?

これはフラッシュバックと呼ばれる現象です。

私も学生時代にいじめられたことや、大人になってからの仕事の失敗、上司から怒られたことなどが、かなり昔のことにも関わらず、ふいに頭に浮かんでくることがよくあります。

そんな時は、思わず「あああ!」などと、変な声を上げてしまうことがよくあります。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?そして、どのように対処すれば良いのでしょうか?

嫌な思い出が浮かんできてしまうのはなぜ?

私たちは、過去の嫌な経験を思い出さないように、無意識に抑圧しています。

いわば、嫌な経験にふたをして閉じ込めているのです。これは、人間の防衛的な反応です。

しかし、ときどき、そのふたをしめていた嫌な経験が、意識に上ってきてしまうのです。

嫌な感情は潜在意識から生まれる

私たちが普段意識することのできるものは、「顕在意識」と呼ばれます。しかし、これは意識の中の10%しか占めていないそうです。

そして、残りの90%を占めるのは、「潜在意識(無意識)」です。

そして、嫌な感情の多くは、この潜在意識からもたらされているのです

ですから、この潜在意識にある嫌な感情は、いくらふたをして閉じこめても、どうしても顕在意識に浮かんできてしまうのです。

そこで、これに対処する方法をいくつか紹介します。

対処法

1.「タッピング」

嫌な感情が浮かんだら、顔や体の一部を指で叩きます。

そうすることで、嫌な感情を消すことができます。

また、タッピングは集中力を高めたり、感情のコントロールにも役に立ちます。

2.「深呼吸をする」

頭がうわー!となったら、深呼吸をするのもおすすめです。

3.「嫌な思い出をメモする」

嫌な思い出が何度も浮かんできたら、思い切ってそれをメモします。

そうすることで、嫌な感情を頭から出すことができます。


トラウマのことがわかる本 生きづらさを軽くするためにできること (健康ライブラリー イラスト版)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2