対人関係苦手な人におすすめ?図書館で仕事をするには?資格は必要?

図書館の仕事は、対人関係が苦手な人におすすめのように思えます。

相手は本ですし、静かな環境で働けます。

そこで、図書館の仕事の概要や、仕事の見つけ方、資格が必要かどうかについて紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「図書館の仕事はクレーム対応が必須?」

以前、図書館の仕事の面接で、「利用者からクレームを言われることがあるけど、大丈夫ですか?」と聞かれました。

どうやら、図書館の仕事は、クレーム対応があるようです。特に、公共図書館など、さまざまな利用者がいるところはよくあるようです。中には心を病んでしまい、退職する人もいるようです。

そのため、対人関係が少ないのを期待して図書館の仕事をしようとする人は注意が必要です。メンタルが弱い人も気をつけたほうがいいです。

ただし、大学の図書館などは、クレームが少ないように思えます。

「図書館の仕事の見つけ方」

図書館の仕事の見つけ方はいくつかあります。

1.「アルバイト求人サイト」

まずは、アルバイト求人サイトです。図書館で検索すると、募集を見つけられます。

日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】」を利用すると、複数の求人サイトを一括して検索できるので、効率的に仕事が探せます。

2.「派遣会社」

次に、派遣会社です。派遣会社に登録して、仕事を紹介してもらいます。中には、図書館の仕事が多い派遣会社もあります。「マイナビスタッフ」などがあります。

私が調べた限り、派遣は大学図書館の仕事が多いようです。

3.「図書館協会」「図書館の総合支援企業」

最後に、図書館協会や図書館の総合支援企業です。こちらは、公共図書館の募集が多いです。資格が必要なくても働ける求人があります。

図書館サービスがレファレンス中心へと軸足を移し地域活性化の主役となる今、TRCは図書館総合支援企業として、MARC、物流から受託運営まで、トータルで図書館サービスをご提案します。

「図書館司書の資格は必須?」

求人サイトや派遣の仕事は、司書資格が必須のところが多いです。そのため、司書資格がないと採用されないことがほとんどです。

ただし、公共図書館の募集では、必須でなくても働けるところが多いです。

もし余裕があるなら、司書資格を取得するのをおすすめします。しかし、もしすぐに働きたい人は、公共図書館など、資格がなくても働けるところに応募するのがおすすめです。そして、働きながら資格を取得します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ