メンヘラの治し方は?

対人苦手リンク

「メンヘラ」の治し方はどのようなものがあるのでしょうか?

メンヘラとは、もともとはネット用語です。 それが転じて、「心に病気を患った人」を指します。

心の病気というとうつ病などがあげられます。そのため、メンヘラの治し方はうつの治し方に近いと思われます。

次に、メンヘラの治し方を、自分の経験やネットの情報などからいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「運動する」

「運動」はうつ病の改善にも効果的だと言われています。

家に閉じこもりがちの人は、少しでも運動をすると良いでしょう。ストレッチや、ラジオ体操、少しの散歩などでも良いと思います。

私も気分が落ち込んだときなどは、近くの体育館に行って運動をするようにしています。

以下の記事なども参考になります。

体を変えれば心も変わる?うつや不安状態の時に効果のある運動
不安やうつ状態の時、運動は症状を改善するために重要な役割を果たします。 体の状態と心の状態は密接に関係しています。体は心、心は体なので...

2.「太陽の光を浴びる」

太陽の光を浴びないとセロトニンの働きが鈍くなるそうです。

セロトニンが不足すると心のバランスが崩れ、うつ状態になったりするそうです。

日中外に出て、太陽の光を浴びるのが大切なようです。

3.「魚を食べる」

魚を食べるとうつ病のリスクが半減するという研究結果があるそうです。

これは魚に含まれているオメガ3脂肪酸にうつ病の予防効果があるためだと言われています。

普段魚をあまり食べない人は積極的に食べるようにすると良いかもしれません。

以下の記事も参考になります。

魚をたくさん食べるとうつ病にならない?調査で明らかに
うつ病の人は魚をたくさん食べたほうがよいかもしれません。 調査によると、魚をたくさん食べる人はうつ病になるリスクが半減するそう...

4.「ネットから離れる」

これは個人的な経験からですが、インターネットをやり過ぎるとうつ状態になるように思われます。

ついスマホやパソコンでネットを何時間も見てしまうという人は、意識的にネットから離れたほうがよいかもしれません。

5.「体を温める」

冬などの寒い季節はうつ病になる人が多いと言われています。

私自身も、寒くなるとうつ状態になることが多いです。これは理由がいくつかあると思いますが、単純に体が冷えることが原因のように思われます。

意識的に部屋を暖かくしたり、温かい食べ物や飲み物を摂取したり、お風呂や温泉に入って体を温めることが大切だと思います。

6.「水を飲む」

人は脱水状態になると疲れやすくなるそうです。

また、身体内で水分不足になると、セロトニンの生成に影響し、「うつ」が引き起こされる場合もあるそうです。

ただし、体を冷やすのはあまりよくないので、冷たい水よりは白湯を飲んだほうがよいかもしれませんね。

以下の記事も参考になります。

理由なく疲れたらとにかく「水を飲むこと」が大切!?
なんかだるくて、やる気が出ない、理由もなく疲れているということはありませんか? そんな時はとにかく「水を飲むこと」が大切なようです。 ...

7.「音楽を聴く」

これは私の個人的な経験からですが、メンヘラ状態の時は音楽を聴くとよいです。

特に、頭の中に雑念が浮かんできたり、もやもやしたりするときは効果的です。

おすすめは、雨音やホワイトノイズ、クラシック音楽です。

音楽はネットなどでも聴けるので、自分に合ったものをいくつか試してみると良いかもしれません。

例えば以下のようなものがあります。

8.「自然の多い場所に行く」

これも個人的な経験ですが、自然の多い場所に行くとうつ状態が和らぐような気がします。

うつ状態の人は、近所の公園で散歩するなどをしてもよいかもしれませんね。

以上です。

ただし、メンヘラ状態が深刻な場合は、早めに病院に行き、専門家の治療を受けたほうがよいと思います。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ