大学で友達を作る方法とは?大学で友達ができない人はどうすればいい?

対人苦手リンク

8439515052_b52c796aa5_z

大学でなかなか友達ができないという人は結構多いのではないでしょうか?

私自身も大学で友達がほとんどできませんでした。

高校までは「クラス」があり、授業はみんな同じで受けるので自然と仲の良い人ができました。しかし、大学は「教室」や「クラス」がなく、授業も皆ばらばらのため、高校のようには友だちが作れないことが多いです。

大学は高校よりもいろんな面で自由です。高校とは違い、自然に友達ができることは少ないでしょう。自分から自発的に友達を作らなければいけません。

どんな授業を取るかだけでなく、どんな友達を作るかも自分で決めなければならないのです。

しかし、逆にいうと嫌いな人とは無理に一緒にいる必要はなくなります。

高校まではクラスがあるので嫌いな人とも一緒に過ごさなくてはいけませんでしたが、大学に入るとそんなことはなくなりますよね。

ただし、あまり人付き合いが得意でない人にとっては、大学での友だち作りはなかなか難しいと思います。そこで、大学で友だちを作る方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「サークルに入る」

まずは定番ですが「サークル」に入るのが一番簡単だと思います。

特に、自分の興味のあるもののサークルや、自分と同じような感じの人が多いサークルに参加してみると良いでしょう。

しかし、たとえばオタク的な人がテニスサークルに入ってしまうと、うまくいかないことが多いと思います。

2.「共同作業のある講義を取る

「共同作業のある講義」を取るのもおすすめです。

私は大学の時「映画のワークショップの授業」に参加したことがあります。

その授業は少人数のグループで長期間映画を作るという授業だったのですが、少人数で共同作業をするため自然と友達を作ることができました。

3.「大学内のバイトで友だちを作る」

大学内のバイトで友達を作るのも良いと思います。

大学図書館や、生協などは同じ大学の学生がバイトしていることが多いです。バイトは共同作業が多いので、自然と仲良くなれると思います。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ