仕事の不安に対処する方法

仕事で不安になることが多いですよね。

私もその一人です。

そこで、仕事の不安にうまく対処する方法を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「最悪のことを考えない」

不安を感じているときは最悪のシナリオを考えてしまいがちです。しかし、それは生産的ではなく、また現実的でないことが多いです。

多くの人は、悪い結果ばかりを考えるという罠にはまり、どのようにうまくいくかは考えなくなるのです。

2.「不快感を受け入れる」

不安の感情を否定したり、不安の感情から逃げようとするのではなく、「通過する」と考え、受け入れてください。

たとえば、新しい仕事を覚えなければいけなくなり、最初の数週間は不安を感じるかもしれません。しかし、新しい仕事をすぐに覚えることはできないということを受け入れてください。

こんなときは、「以前に新しい仕事を学んだし、今回も大丈夫だ」、「全力を尽くすだけだ」と自分自身に言いましょう。

3.「動く」

心配しているとき、体にエネルギーがあふれていると感じることがよくあります。

これは、「認知的な不協和」の原因となります。脳はリラックスするようにと言い、体は何かほかのことを言うのです。

落ち着かないときは、外へ散歩に出ましょう。

適度な量の運動でも、エンドルフィンが放出されて気分が良くなることがあります。

4.「不安のきっかけを知る」

不安が増大する状況に注目してください。

たとえば、仕事が評価されるとき、重要なEメールを書くとき、現場に行くとき、ごちゃごちゃした机で一日を始めるときなどです。

そして、それを記録しパターンを探してください。

最も不安になることが何かを知れば、さらによい挑戦ができ、引き金に対処することができます。

たとえば、ある女性は「急ぐこと」が不安の引き金の1つであることに気付きました。そこで、会議の時は事前に練習をする時間を取るようにしました。

5.「定期的に自分自身をチェックする」

毎日の仕事に追われて、現在抱える不安がどのようなものなのかを考えない人がいます。

椅子から立つたびに、何か飲み物を飲むか、ちょっとした休憩を取りましょう。

そして、「ストレスを抱えている?」「不安に押しつぶされそう?」などと自分に問いかけましょう。

不安が増大している時こそ、ストレスに対処しなければいけない時です。

6.「小さなゴールを設定する」

達成可能な小さな目標を設定することは重要です。特に、不安に苦しんでいるときは効果的です。

たとえば、人のネットワークを広げて仕事を得たいというなら、1週間に1回ではなく、1か月に1回の業界イベントに行くことを目指します。

現実的な期待をすることは、前向きになるだけでなく、幸福になるための鍵です。

参考記事:How to Cope With Work-Related Anxiety / Work Anxiety: 10 Tips to Manage Anxiety at Work / 5 Coping Strategies for When You’re Feeling Anxious at Work

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ