イベントに行ったら出口を把握する?不安に対処する方法

対人苦手リンク

よく不安に襲われる人はいませんか?わたしもその一人です。

そこで、不安に対処する方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「万が一のために、水や薬、サングラス、携帯電話を持ち歩く」

不安に襲われたときのために、水や薬、サングラス、携帯電話を持ち歩くようにしましょう。これらがあれば、不安に対処することができます。

2.「パーティーやイベントは、落ち着ける人と一緒に行く」

パーティーやイベントなど、不安に襲われやすい場所には、一緒にいると落ち着ける友人や家族と一緒に行きましょう。

ただし、いつも他人と一緒にいると、自分ひとりでは不安に対処できないという考えが強まり、不安が一層強まる可能性もあります。

最終的には、1人で参加しても、友人といるのと同じように快適に過ごせるようになることが理想です。

小さな目標を設定するのも有効です。人がたくさんいる場面で、友人と5分だけ離れて1人になります。これを10分から20分間隔で行います。最終的に、隣に友人なしで、1人で知らない人と会話をするのに挑戦します。

3.「出口を把握しておく」

パーティーなど、不安になりやすい場所に行くときは、出口の場所を確認しておきましょう。そうすれば、不安を抑えることができます。

ただし、最終的には出口の確認しなくても済むようになることが理想です。

4.「ピークの時間を避ける」

どこへ出かけるにしても、人が多い時間帯はありますよね。もしそんなときに不安を感じやすいのならば、人が多いピークの時間はさけたほうがよいでしょう。

参考記事:5 Anxiety-Coping Methods That Are Actually Making You More Anxious

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ