コミュ障を治すには「相手の視点に立つ」「想像力」が重要?

最近「コミュ障」という言葉を頻繁に聞くようになりました。

ただし、「コミュ障」のはっきりとした定義はありません。

多くのコミュ障の人は、「人見知り」「集団の中で孤立してしまう」「会話がすぐ途切れてしまう」などの意味で使用しています。

しかし、コミュ障の重要な問題点は、対話の際に「自分のことばかり考えてしまう」ことです。簡単に言うと「自意識過剰」とも言えるでしょう。

「自分のことばかり考えてしまう」ことが問題

コミュ障の人は、会話の際の小手先のテクニック(初対面の人でも面白おかしく話ができる)が欠けているイメージがあるかもしれませんが、実はテクニックはそれほど重要ではないのです。

むしろ、口ベタな人でも相手の立場に立って、相手を想像できれば、それはコミュ障ではないのです。

対話は必ず相手がいるわけで、自分のことばかり考えると対話が成り立たないように思えます。

コミュニケーションで最も大切なのは、「相手の視点に立てる」と「想像力」の2つです。

「相手の視点に立てる」

自分が「コミュ障」だと思っている人ほど、会話では自分のことで頭がいっぱいになってしまいます。

「自分はうまく話ができるだろうか」「沈黙が続いたらどうしようか」「顔がひきつってないだろうか」など、自意識過剰になるのです。

そして、相手の立場に立つことがほとんどできなくなってしまいます。これは私自身も思い当たることが多々あります。

しかし重要なのは、「うまく話ができるかどうか」などではなく、相手の視点に立つことなのです。

相手は今どんなことを考えているのか、どんなことを感じているのか、そんなことを第一に考えることが大切なのです。

たとえば、「自分は緊張している」から「もしかしたら、相手も緊張してるかも」と視点を切り替えられることが重要です。

「想像力」

相手の視点に立てたら、次に分のことを一旦ワキにおいて、相手のことを一生懸命考えることが重要です。相手から自分がどうみられているかを考えることではありません。

「相手に話がつまらないと思われているのではないか」などと考えてしまうと、結局相手のことではなく自分のことを考えてしまいます。

相手への想像力とは、純粋に相手のことだけを考えることです。自分のことは一旦ワキに置きます

特に自分に自信がない人ほど、あれこれと自分の欠点が浮かんできて、自意識過剰になってしまいます。

さらに問題なのは、自意識過剰の悪循環です。

自分は「コミュ障」だという認識が生まれると、ますます自意識過剰になってしまいます。そして、そうするとさらにコミュニケーションがうまくいかなくなります。それで、さらにコミュ障という認識が強まり、うまくいかなくなっていく・・・というまさに悪循環です。

まとめ

  • コミュニケーションで重要なのは小手先のテクニックではなく、相手の視点に立つことと、相手への想像力。
  • そのためには、コミュニケーションでは自分を一旦ワキに置いて、相手に意識を集中する。

参考記事:http://rentwi.textfile.org/?671588638010937344s


コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2