実家に帰るのが嫌な人におすすめ!「実家の不安を改善する帰省グッズ」

対人苦手リンク

年末や長い休みのときは実家に帰る人も多いと思います。

しかし、実家に帰るのが嫌だという人も少なくないと思います。

親が「毒親」だったり、親と仲が悪い、あるいは仕事や結婚などであれこれ言われるのが嫌だという人もいるでしょう。私自身もそうです。

特に、世間から見て普通の生活をしていない人はそうかもしれません(独身や無職など)

そこで、実家に帰ったときに少しでも苦痛が和らぐようなグッズを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「ヘッドフォン」

実家で気まずい感じがしたら、ヘッドフォンで騒音をシャットアウトしたり、リラックスできる音楽を聴きましょう。ヘッドフォンがあれば、一時的にでも嫌な世界をシャットダウンできます。

普段聴いているリラックスできる音楽などを持って行くと効果的かもしれません。

2.「手持無沙汰にならないようなグッズ」

実家や人がたくさんいる場所で緊張したときは、手を動かすと緊張がほぐれる場合があります。

落書きできるようにペンやメモを持ち歩く、または「フィジェットトイ」などがよいかもしれません。

3.「落ち着けるグッズ」

普段家で使用している落ち着けるグッズも効果的です。

実家にいて不安を感じたら、このグッズで不安を和らげることができます。具体的には、ぬいぐるみやまくら、「匂い」などでしょうか。

4.「本」

本を読めば、嫌な現実を忘れられます。

それにせっかくの休日ですし、いままで読みたいと思っていた本を持って行くと良いかもしれません。もしかしたら読書も余計にはかどるかもしれません。

5.「嫌な気持ちを書きだせるノートやペン」

嫌な気持ちになったときは、その気持ちを紙に書きだすと楽になることがあるようです。もし実家にいて辛くなったら、自分が感じた気持ちを紙に書き出してみると良いかもしれません。

6.「家族と一緒にできるゲームなど」

家族とあまり仲が良くない人は、一緒にできるゲームなどがあると良いかもしれません。

ゲームをしていれば緊張もほぐれ、嫌な気持ちも減るかもしれません。

以上です。

私はこの中では特にヘッドフォンとノートが良いかなと思いました。

おそらく実家に帰りたくないという人の中にはアダルトチルドレンのような人もいるかもしれません。

個人的にはどうしても嫌なら帰らなくてもよいと思います。しかし、家族の関係というのはなかなか難しく、どうしても縁が切れないという人もいるでしょう。

そんな人は上に書いたようなグッズを利用して、辛い時間を耐える工夫をしてみてもよいのかもしれません。

また、毒親診断ができるサイトもあるので、興味がある人は一度試してみるとよいかもしれません。

あなたの親は毒親?ネットで簡単にできる毒親診断チェックリストまとめ
一般的に、親は子どもを愛していて、子はその恩に報い、親孝行しなければならないと考えられています。 しかし、中には過干渉や、虐待などによ...
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ