コミュ障の人は映画館のバイトに向いている?

対人苦手リンク

コミュ障の人で映画館のバイトをしたいという人がいると思います。

映画好きの人は内向的な人が多いですから、コミュ障の人もいるでしょう。

それでは、コミュ障の人は映画館のバイトに向いているのでしょうか?

まず、基本的に映画館の仕事は接客の仕事に近いです。絶対に人と接したくないという人には難しい仕事だと思います。

これを踏まえたうえで、ネットの情報や個人の経験などから調べてみました。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「具体的な仕事内容は?」

まず、映画館の具体的な仕事内容を説明します。

映画館の仕事は複数のセクションに分かれていることが多いようです。

以下簡単に説明します。

「フロア」

チケットのもぎりや雑用、清掃作業を行います。ほかに、レジの補助などに入ることもあるようです。

「コンセ(コンセッション)」

食べ物を売る仕事です。ポップコーンなどが代表的ですね。

コンセの仕事は一番忙しいようです。地獄と言う人もいます。

「チケット(ボックス)」

ボックスでチケットを売る仕事です。これは女性が多いようです。多くの人がイメージする「映画館の仕事」に一番近い仕事ですね。

「映写」

映画を上映する仕事ですね。裏方になりますが、とても重要です。

コミュ障の人は「フロア」か「映写」の仕事が向いている?

コミュ障の人は、これらの中でも「フロア」か「映写」の仕事が向いているように思われます。

フロアの仕事は接客がメインではなく、チケットのもぎりや清掃などがメインです。そのため、コミュ障の人でも対応しやすいように思われます。

どちらかというと、接客よりも肉体労働に近いと思います。そのため、体力は必要でしょう。

ただし、クレームを受けることもあるようなので、精神的に辛いこともあるかもしれません。

また、映写の仕事も接客はメインでなく、裏方になるので人と接することは少ないでしょう。

ただし、映写の仕事に関してはあまり情報がないので、求人は少ないセクションなのかもしれません。映写の場合は映写を募集する形で独自に求人が出ることもあるようです。

「おすすめの時間帯は?」

コミュ障の人が映画館で働くのにおすすめの時間帯は、平日の昼間です。

平日の昼間はお客さんが少ないですから、人と接する機会も減ります。また、一緒に働く人もフリーターや主婦の人が多いので、真面目な人が多くなると思います。

平日の昼間であれば、比較的余裕をもって働くことができるかもしれません。

ただし、働く時間は自分で選べない場合もありますので、これは職場次第となるかもしれません。

「まとめ」

以上です。まとめると、コミュ障の人は、「フロア」か「映写」の仕事がおすすめです。また、働く時間帯は平日の昼間が良いです。

ただし、最初にも書いたように、映画館の仕事は接客の仕事に近いですから、最低限のコミュニケーションは必要です。

映画館のアルバイトを探すには、大手のバイトサイトを一括検索できる【アルバイトEX】などを利用すると便利です。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ