ASD/自閉症/アスペルガー症候群一覧

スポンサーリンク
対人関係728

岐阜県の自閉症の男性が企業に画家として就職

就職先は「呉服販売の専門店チェーンを展開する「ほていや」(名古屋市中区)」という企業だそうです。 在宅勤務なので普通の会社員とは少し違うように見えますが、画家が就職するというのはかなり珍しいことのように思えます。 これは「厚生労働省愛知労働局」の仲介による、「芸術分野で障害者の雇用を促す取り組みの一環」だそうです。

NO IMAGE

北アイルランドの町ニューカッスルが、自閉症に優しい町を宣言

北アイルランドにある「ニューカッスル」という町が、自閉症のある人に優しい町宣言を行ったそうです。具体的には、蛍光灯の光を落ち着いたものにする、お店の音楽のボリュームや公衆トイレの水の流れる音を静かにする、壁や床のタイルの色や模様を抑える、蛇口から出る水の温度を調整するという配慮がなされているようです。

NO IMAGE

アスペルガーの人はペットとしてウーパールーパーを飼うのがおすすめ?

ペットに癒されたり、リラックスできるという人も多いと思います。 それは発達障害の人でも同じのようです。特に発達障害の人は人間とのコミュニケーションが苦手な人が多いと思いますので、ペットのほうが安心できるという人も多いのではないでしょうか。また発達障害の人はペットを飼ったほうがよいとも言われます

NO IMAGE

アスペルガー症候群の人に調理師は向いている?

アスペルガー症候群の人の仕事として、調理師は向いているのでしょうか?一見すると、対人能力はあまり求められない仕事のように見えるので、向いている仕事のように見えます。「インディアナ自閉症リソースセンター」によると、「素早い調理が求められる調理人(Short order cook)」の仕事は向いていないそうです。

NO IMAGE

アスペルガー症候群と診断されたスーザンボイルがいじめの対象に?

スーザンボイルさんは、イギリスのオーディション番組で美しい歌声を披露し、一挙に有名になった歌手です。また、スーザンさんは小さいころから学習障害に苦しみ、12年にはアスペルガー症候群と診断されたそうです。そんなスーザンさんですが、最近なんと地元の町でいじめを受けているそうです・・・。

IQ184のアスペルガー症候群の男性、仕事につけない悩み

ニュージーランドに住む、デイビット・グリア(David Greer)さんは、アスペルガー症候群の男性です。IQはなんと184もあり、コンピュータや、林業、農業の技術を持ち、トラックの運転免許も持っているそうです。しかし、彼の障がいがわかると、雇うのを止めようとする雇い主が多いそうです。

アスペルガーの人はサブカルチャーに関わる人と付き合うと良い?

アスペルガーの人は定型発達の世界で人と付き合うには苦労することが多いです。『アスペルガー流人間関係』という本では、「自分にとって不自然な社会システムには距離を置き、自分の気持ちが惹かれるところに行く」ことが提案されています。その例の1つが、サブカルチャーに関わる人と付き合うことです。

NO IMAGE

普通の人たちは「定型発達症候群」?定型発達者についての説明が面白い

『アスペルガー流人間関係』という本を読んでいたら、定型発達者についての面白い説明がありました。なかなか興味深いので紹介します。「定型発達症候群」(Neurotypical syndrome)は神経学的な障害であり、社会の問題に対する没頭、優越性への幻想、周囲との適合への固執という特徴を持つ。

自閉症者は人類社会に「不可欠」な存在?

この社会では一般的に、自閉症のある人は障がい者であるとされています。 しかし以下の記事では、自閉症者が人類社会に不可欠な存在であることが主張されています。とても興味深い内容なので、少し紹介します。自閉症者の数が多いということは、(社会において)何らかの存在意義がある証拠だと主張するのです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2