ASD/自閉症/アスペルガー症候群一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

自閉スペクトラム症の改善にオキシトシンは効果がない?臨床試験で明らかに

これまで、自閉スペクトラム症の改善に「オキシトシン」の効果が期待されてきました。 オキシトシンは「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも言われるホルモンで、ストレスの緩和や幸せな気分にさせる効果があり、対人関係の改善が期待できるとされています。今のところ有効な治療薬が存在しない自閉スペクトラム症の改善にも期待されていました。

「自閉スペクトラム症」は「セロトニンが少ない」ことが関係している?

発達障害の1つである「自閉スペクトラム症」は、セロトニンの量が少ないことが関係しているかもしれないそうです。これは最新の研究で明らかになったことです。自閉スペクトラム症は対人関係が苦手なのが特徴ですね。 セロトニンは「幸せホルモン」とも言われ、幸福感を高める効果が期待できるものですね。「うつ症状」もセロトニンが不足していることが原因だと指摘されています。

血液と尿検査で自閉症が診断できる?最新の研究で明らかに

自閉症の診断が血液と尿検査で可能になるかもしれません。これはイギリスとイタリアの科学者たちによる研究で明らかになったことです。研究者たちによると、自閉スペクトラム障害の子どもの多くに特定のタンパク質の損傷見られたそうです。そのため、血液と尿検査でこのタンパク質の損傷が発見できれば、自閉症の診断が可能になるかもしれないそうです。

ASDの人の天職はプログラマー?26歳の発達障害の男性がみつけた「天職」

発達障害の人で仕事に苦労している人も少なくないと思います。 仕事が続かず、転々としている人もいるでしょう。私もその一人です。 「天職」が見つかればいいですが、なかなかそう簡単にみつかるものでもありません。 しかし、以下の記事では、「天職」を見つけたという発達障害の26歳の男性が紹介されています。

アスペルガー症候群の女性はランチの時の会話が苦手?

アスペルガー症候群というと男性のイメージが強いですが、もちろん女性にもアスペルガー症候群の人はいます。 しかし、男性のアスペルガーと女性のアスペルガーは症状が違うようです。 女性の場合、ランチの時などでの女性同士の会話が苦手な人が多いそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2