自閉症一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

日本の研究チームが世界で初めて自閉症のサルを確認

日本の研究チーム(自然科学研究機構生理学研究所など)が、世界で初めて、「自閉症」のサルを確認したそうです。記事によると、人間に懐かなかったり、自分の爪を頻繁にかんだりするサルを調べたところ、他者の行動情報を処理する脳の神経細胞が少なかったり、遺伝子に変異が見られたそうです。

アメリカの学生が自閉症を早期発見できるスマートフォンアプリを開発

ニューヨーク州立大学バッファロー校の学生が、自閉症を早期発見できるスマートフォンアプリを開発しました。2歳時の子どもを対象としていて、10月にカンファレンスで発表したそうです。このアプリは、社会的な場面の画像を見る子どもの目の動きを追跡し、自閉症かどうかを特定するものです。

iPadのゲームで自閉症の子どもを特定できる!?93%の正確さ

iPadのゲームで、子どもが自閉症かどうかを正確に特定できることがわかったそうです。ストラスクライド大学の研究者たちは、子どもたちがゲームをプレイするときの指の動きなどに、自閉症に特有の特徴があると考えました。 そこで指の動きなどの特徴を捕えるため、iPadのゲームに「コード」を追加して実験を行いました。

アスペルガー症候群の人の「ふるまい」はなぜ周りから受け入れられないのか

この社会では「ふるまい方」に暗黙のルールというものがあります。 たとえば人の目をじっと見過ぎない、プライベートな質問はし過ぎないなどです。 これは普通の人なら自然にわかることです。 しかし多くの自閉症スペクトラムの人たちは、この暗黙のルールがわからないようです。普通の人たちと「ふるまい方」が異なるのです。

自閉症の子供向けの体を締め付けるバックパックが開発される

ミッチ・バーボンは、自閉症の子供のために「体を締め付けるバックパック(Compress Pack)」を開発しました。これは体を締め付けるベストとバックパックが組み合わさったものです。 子どもは普通の学校用のバックパックを背負います。それから背中にある空気ポンプを絞ることで、空気入り体を締め付けるように機能するのです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2