自閉症一覧

スポンサーリンク
対人関係728

アスペルガーや高機能自閉症の人を積極的に雇用している世界の企業

アスペルガーや高機能自閉症のある人を積極的に雇用している世界の企業を紹介します。 主にアメリカを拠点とする企業なので、日本人が雇用される可能性は少ないと思いますが、世界にはこんな会社もあるという参考になるのではないでしょうか。

岐阜県の自閉症の男性が企業に画家として就職

就職先は「呉服販売の専門店チェーンを展開する「ほていや」(名古屋市中区)」という企業だそうです。 在宅勤務なので普通の会社員とは少し違うように見えますが、画家が就職するというのはかなり珍しいことのように思えます。 これは「厚生労働省愛知労働局」の仲介による、「芸術分野で障害者の雇用を促す取り組みの一環」だそうです。

NO IMAGE

北アイルランドの町ニューカッスルが、自閉症に優しい町を宣言

北アイルランドにある「ニューカッスル」という町が、自閉症のある人に優しい町宣言を行ったそうです。具体的には、蛍光灯の光を落ち着いたものにする、お店の音楽のボリュームや公衆トイレの水の流れる音を静かにする、壁や床のタイルの色や模様を抑える、蛇口から出る水の温度を調整するという配慮がなされているようです。

自閉症者は人類社会に「不可欠」な存在?

この社会では一般的に、自閉症のある人は障がい者であるとされています。 しかし以下の記事では、自閉症者が人類社会に不可欠な存在であることが主張されています。とても興味深い内容なので、少し紹介します。自閉症者の数が多いということは、(社会において)何らかの存在意義がある証拠だと主張するのです。

カナダに自閉症の人に優しいホテルができる

カナダで最初となる、自閉症の人に優しいホテルができました。 自閉症児は周囲の環境に敏感なため、旅行で慣れないところに行くと気分がまいってしまうことがあるそうです。そのため、このホテルのオーナーのキャシー・ロモンドさんは、自閉症の人がまるで自宅にいるかのように感じられる、自閉症の人に優しいホテルを作りました。

あなたはわかる?他者の心を類推できるかをチェックする「サリーとアン課題」とは?

最近「サリーとアン課題」というのを知りました。 これは他者の心の動きを類推できるかどうかをチェックする課題だそうです。これがわからない人は、アスペルガーや自閉症の可能性があるようです。 私もやってみましたが、見事外れてしまいました。確かにこれは他人の心を推測できないとわからない課題なのかもしれません。

自閉症やアスペルガーの人は胃腸に問題がある人が多い?

自閉症やアスペルガーの人は、胃腸に問題を抱えたり、胃腸障害の人が多いようです。 たとえば、カリフォルニア大学デイビス校の最新の研究で、自閉症の子どもは、普通の子どもよりも、便秘や下痢などの胃腸の問題を抱えることが多いことがわかったそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2