自閉症一覧

スポンサーリンク
対人関係728

「自閉スペクトラム症」は「セロトニンが少ない」ことが関係している?

発達障害の1つである「自閉スペクトラム症」は、セロトニンの量が少ないことが関係しているかもしれないそうです。これは最新の研究で明らかになったことです。自閉スペクトラム症は対人関係が苦手なのが特徴ですね。 セロトニンは「幸せホルモン」とも言われ、幸福感を高める効果が期待できるものですね。「うつ症状」もセロトニンが不足していることが原因だと指摘されています。

血液と尿検査で自閉症が診断できる?最新の研究で明らかに

自閉症の診断が血液と尿検査で可能になるかもしれません。これはイギリスとイタリアの科学者たちによる研究で明らかになったことです。研究者たちによると、自閉スペクトラム障害の子どもの多くに特定のタンパク質の損傷見られたそうです。そのため、血液と尿検査でこのタンパク質の損傷が発見できれば、自閉症の診断が可能になるかもしれないそうです。

メガネ型コンピュータ 「Google Glass」が自閉症の人の感情認識を助ける?

自閉症の人は、人の感情を認識することが難しいと言われます。相手の表情から感情を読み取ったりすることが難しいようです。 しかし最近、「Google Glass」を使用した、自閉症の人の感情認識を助ける技術が開発されているようです。(Google GlassはGoogleが開発しているメガネ型コンピュータのことです。)

NO IMAGE

自閉症スペクトラム障害の男性が主人公のドラマ『ユニークライフ』

Netflixオリジナルドラマの『ユニークライフ』は、自閉症スペクトラム障害を抱える青年が主人公のドラマです。 人づきあいが苦手な主人公が、頑張って彼女を作ろうとする話です。 自閉症スペクトラム障害を理解するうえでも、また単純にドラマとしてもなかなか面白いともいます。

NO IMAGE

自閉症の症状を疑似体験できるVR動画

自閉症の人は「感覚過敏」と呼ばれる症状があるそうです。 この「感覚過敏」を疑似体験できるVR動画がYouTubeに公開されているそうです。 これはイギリスの国立自閉症協会によって制作されたそうです。 以下がその動画だそうです(*この映像には、光の点滅や突然の大きな音が含まれているので注意です)。

NO IMAGE

アメリカで自閉症の若者が掃除機の修理店をオープン

アメリカの西ミシガン州に住む自閉症の若者が、掃除機の修理店をオープンしたそうです。この男性は22歳で、高機能自閉症だそうです。彼は友人や近所の人の助けを借りて、中古の掃除機の販売と修理を行うお店をオープンしたとのことです。現在すでに2店舗あるようです。詳しくはわかりませんが、リサイクルショップに近いのかもしれませんね。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2