発達障害一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

発達障害者の85%が「就労支援必要」と回答

発達障害者は働くことで苦労する人が少なくないようです。私自身も苦労しています。 実際、最近の調査によると、85%の発達障害者が「就労支援が必要」と答えているそうです。これは大人の当事者に必要なサポートは何かという質問に対する回答のようです。その次が当事者会活動(82%)、相談支援(74%)と続くようです。

NO IMAGE

栗原類さんのお母さんも発達障害と診断されていた

栗原類さんは発達障害であることを公表し、発達障害に関する本も出しています。 そんな栗原さんですが、実はお母さんも発達障害と診断されていたそうです。発達障害は遺伝とよく言われるので、確かにそうなのかもしれません。ただし類さんとお母さんとでは性格などが正反対だそうです。

対人関係の苦手な人は家庭教師の仕事が向いているかも?家庭教師の仕事のメリットとは

対人関係の苦手な人は、家庭教師の仕事が向いているかもしれません。 その理由をいくつか紹介します。しかし、家庭教師の仕事は上司や同僚がいないので、人間関係のストレスを抱えることはありません。 1.「(気の合わない)上司や同僚がいない」対人関係の苦手な人の中には、上司や同僚との人間関係で苦労する人も多いと思います。

発達障害者を支援する人の「資格」が複数創設される

発達障害者に関する社会の関心は広がっています。 そんな中、発達障害者を支援する人のための「資格」が複数創設されたそうです。 創設された資格は、「発達障害学習支援サポーター」「精神・発達障害者しごとサポーター」「発達支援サポーター」「発達支援マネージャー」です。 この中には厚生労働省が創設した資格もあります。

発達障害のある人は「塾講師」の仕事がおすすめかも?

発達障害のある人は塾講師がおすすめかもしれません。 というのは、発達障害のある人は勉強ができる人も多いと思うからです。最近よくあるパターンは、大学までは成績優秀だったが就職活動でつまづき、発達障害が発覚するというパターンです。 こういう人は勉強はできるが、それ以外の部分で問題があるということだと思います。

発達障害の人に翻訳の仕事は向いている?

発達障害の人に翻訳の仕事は向いているのでしょうか?私の知り合いや私自身も翻訳の経験があるので、発達障害と翻訳の仕事の関係について考えてみました。発達障害で言語優位の人は翻訳の仕事が向いているように思えます。専門家に検査してもらうと、言語優位かどうかがわかるようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2