発達障害一覧

スポンサーリンク
対人関係728

発達障害者を支援する人の「資格」が複数創設される

発達障害者に関する社会の関心は広がっています。 そんな中、発達障害者を支援する人のための「資格」が複数創設されたそうです。 創設された資格は、「発達障害学習支援サポーター」「精神・発達障害者しごとサポーター」「発達支援サポーター」「発達支援マネージャー」です。 この中には厚生労働省が創設した資格もあります。

発達障害のある人は「塾講師」の仕事がおすすめかも?

発達障害のある人は塾講師がおすすめかもしれません。 というのは、発達障害のある人は勉強ができる人も多いと思うからです。最近よくあるパターンは、大学までは成績優秀だったが就職活動でつまづき、発達障害が発覚するというパターンです。 こういう人は勉強はできるが、それ以外の部分で問題があるということだと思います。

発達障害の人に翻訳の仕事は向いている?

発達障害の人に翻訳の仕事は向いているのでしょうか?私の知り合いや私自身も翻訳の経験があるので、発達障害と翻訳の仕事の関係について考えてみました。発達障害で言語優位の人は翻訳の仕事が向いているように思えます。専門家に検査してもらうと、言語優位かどうかがわかるようです。

夫が発達障害だとわかると救われる妻が多い?

昔から、家庭内での男性の女性に対する暴力がありました。今だと、DV(ドメスティック・バイオレンス)と言われ、以前より問題化されています。また、最近は「モラル・ハラスメント」という、精神的な暴力も問題化されています。 そんな妻に暴力や暴言をふるう夫は、もしかしたら「発達障害」なのかもしれません。

NO IMAGE

発達障害の人はうまく認知できないという画像

発達障害の人はうまく認知できないという画像が話題です。以下にA、B、Cの三つの画像があります。それぞれ何かを表す画像ですが、線がかけているので、何を意味する画像なのかは、自分のイメージで補う必要があるようです。発達障害の人はこれらの画像をうまく認知できないそうです。

NO IMAGE

「できる子より、好かれる子。」栗原類さんの本から学ぶ発達障害の子どもの目標とは?

栗原類さんと言えば、高身長のイケメンモデルであり、またテレビのバラエティ番組でも活躍しています。最近発達障害に関する本を書いたことでも話題になりました。そんな本、『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』についての、ノンフィクションライター最相葉月さんの書評が興味深かったので紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2