発達障害一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

おかもとまりさんの夫naoさんは(軽度の)発達障害だった

ものまねタレントのおかもとまりさんが、自身のブログで夫naoさんの発達障害についての記事をアップしたそうです。夫naoさんは軽い発達障害で、旅行先でお店の場所を間違えてしまったりしたそうです。おかもとさんも、言葉では伝わらないと画像を送ったりもしていたようですが、それでもうまくいかなかったようです。

発達障害の人はコールセンターの仕事に向いている?

コールセンターの求人は多く、一年を通してよく見かけます。 特にコールセンターの求人は地方都市に多いような気がします。地方都市だとコールセンターの仕事は比較的給料も高く、魅力的な仕事のようにも思えます。 発達障害の人の中にも、コールセンターの仕事をしてみたいという人もいるかもしれません。

発達障害の子どもは偏食しやすい?

いわゆる定型発達の人でも偏食する人はいると思います。 しかし、以下の記事によると、発達障害に起因する偏食があるそうです。発達障害で偏食の子どもは見た目の色や食感などが気になるようですね・・・。 海外の記事でもADHDの子どもは偏食が多いことが指摘されています。

NO IMAGE

元祖大食い女王の息子は発達障害。シングルマザーで育てる

また、菅原さん自身も発達障害の傾向があると診断されたようです。 発達障害は遺伝性のある障害と言われているので、子どもが発達障害だと、その親も発達障害である可能性は高いのかもしれません。息子さんも大食いだそうです。 加えて、ADHDの人は過食傾向になる人が多いと言われます。

ワーキングメモリーを鍛えるのに効果的?「2つ戻りしりとり」

発達障害の人はワーキングメモリー(短期記憶)が弱いとよく言われます。 私がよくあるのは、電気代を払おうと領収書を探していたら、床が汚いのに気がついて掃除機をかけた。その後「あれ、何をしようとしていたっけ…」と、領収書を探していたことを忘れてしまう・・というようなことです。

発達障害の人にも多い計算障害とは?

大人になっても計算が苦手で、小学生の算数の問題もできないという人はいませんか? これはもしかしたら「計算障害(dyscalculia)」かもしれません。 私も算数が昔からとても苦手で、計算をよく間違えるし、いまだに小学生レベルの算数もよくできません。 しかし、計算ができないというのは1つの障害のようです。

厚生省が発達障害の人への就労支援を強化

これを見る限り、主に「雇用トータルサポーターの配置」と「しごとサポーターの養成」の2つのようです。 この雇用トータルサポーターはハローワークに置かれる専門家のようです。発達障害者の就労支援など、トータルなサポートをするようです。 また、「しごとサポーター」は実際に職場で働く際に理解者となってくれる立場の人のようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2