発達障害一覧

スポンサーリンク
対人関係728

ネット上で挙げられている、発達障害者に「向いている」仕事と「向いていない」仕事リスト

ネットで挙げられている発達障害者に「向いている」仕事と「向いていない」仕事です。 専門家の意見とも重なる部分がありますが、さらに細かい分類になっています。おそらく実際の体験談が反映されているからでしょうか、もしかしたら専門家の意見以上に実際には役に立つかもしれません。

発達障害者を積極的に雇用するホテルがオープン

北海道で従業員に知的・発達障害者を積極的に雇用するホテルがオープンしたそうです。 このホテルは「バリアフリーホテルあすなろ」で、全館バリアフリーの障害者優先ホテルです。従業員も障害者なので、お客さんの障害者も安心して利用できることが狙いかもしれません。こういう発達障害者が働ける場がもっと増えると良いですね。

発達障害の人は教員に向いている?向いていない?

発達障害(ADHD・アスペルガー症候群)の人に向いている仕事の一つとして、「教員」がよくあげられます。 発達障害の人は「専門性を生かした仕事が向いている」と言われるので、その中に「教員」も含まれているのでしょう。 しかし教員は頻繁にコミュニケーションが必要とされる仕事です。

大人になって「発達障害」と診断される人が増えている!?

最近、大人になってから「発達障害」と診断される人が増えているとのことです。 学校を卒業するまではそれほど問題なかったのだが、いざ社会に出て働き始めるとうまくいかなくなり、「発達障害」であることがわかるというケースが多いのでしょうか。これは私の場合もよく当てはまります。

発達障害者への障害者手帳の交付基準は、各都市でバラバラ?

発達障害者の人は障害が認められると、「精神障害者保健福祉手帳」が交付されることが多いようです。 最近のニュースでわかったのは、この精神障害者保健福祉手帳の交付基準が各都市でバラバラだということです。住んでいる都市によって認定されたり、されなかったりすると、不公平な感じもします。

自治体が発達障害者の若者の就労を支援

東京の世田谷区が行っている、発達障害の若者の就労支援が話題になっているようです。 世田谷区は、発達障害者が民間企業などへの就職を目指す就労支援センター(UNI)を立ち上げ、さらに発達障害に理解のある企業と連携し、発達障害者の若者の就労を支援しています。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2