仕事一覧

スポンサーリンク
対人関係728

厚生労働省がひきこもりの就労支援を拡充。44歳まで支援に

来年度から、ひきこもりやニートの人の就労支援が44歳までに拡充されるそうです。これまでは39歳までだったそうです。具体的には、「サポステ」と呼ばれる国の就労支援拠点が利用できるようになるようです。サポステには履歴書の書き方やビジネスマナー、企業と連携した就業体験などのプログラムが用意されているそうです。

アスペルガー傾向のある人に向いているバイトは?

アスペルガー傾向のある人に向いているバイトは何でしょうか? 私自身もアスペルガー傾向があり、バイトが長続きしないことがよくあります。 そこで、自分の経験やネットの口コミを参考に、アスペルガー傾向のあるの人に向いていると思われるバイトを紹介します。

対人関係苦手な人は「送迎バスの運転手」の仕事がおすすめ

「送迎バスの運転手」の仕事は対人関係が苦手な人におすすめです。 具体的には、学校や病院、介護施設、温泉施設、レジャー施設などの利用者やスタッフを送迎するバスを運転する仕事ですね。 利用者やスタッフの人と接することもありますが、基本的には1人で行う仕事だと思ってよいでしょう。

ADHDの人が強みを生かせる職業の特徴

ADHDの人は、自分の強みを活かせる仕事を選ぶことが仕事での成功の鍵だそうです。 自分の苦手なこと、弱点に大きく依存することの多い仕事よりも、得意なことが多い仕事をしたほうがよいと言うことかもしれません。 そこで、ADHDの人が仕事を探すうえで参考になる、強みを生かせる職業の特徴をいくつか紹介します。

厚生省が発達障害の人への就労支援を強化

これを見る限り、主に「雇用トータルサポーターの配置」と「しごとサポーターの養成」の2つのようです。 この雇用トータルサポーターはハローワークに置かれる専門家のようです。発達障害者の就労支援など、トータルなサポートをするようです。 また、「しごとサポーター」は実際に職場で働く際に理解者となってくれる立場の人のようです。

NO IMAGE

アメリカで自閉症の若者が掃除機の修理店をオープン

アメリカの西ミシガン州に住む自閉症の若者が、掃除機の修理店をオープンしたそうです。この男性は22歳で、高機能自閉症だそうです。彼は友人や近所の人の助けを借りて、中古の掃除機の販売と修理を行うお店をオープンしたとのことです。現在すでに2店舗あるようです。詳しくはわかりませんが、リサイクルショップに近いのかもしれませんね。

コミュ障の人にネットカフェのバイトは向いている?

コミュ障の人にネットカフェのバイトは向いているのでしょうか? 私もネットカフェのバイトをしたことがありますが、コミュ障の人にはネットカフェのバイトが向いていると思います。 その理由をいくつか紹介します。1.「対人関係が少ない、マニュアル化されている」 私もコミュ障なのですが、ネットカフェのバイトは長続きしました。

新聞配達の仕事はADHDやアスペルガーの人に向いている?

新聞配達の仕事は、ADHDやアスペルガーの人に向いているのでしょうか? 知り合いの話やネットなどを参考に考えてみました。 [toc] 新聞配達のメリット 1.「対人関係が少ない」 新聞配達の仕事は対人関係少ないので向いている可能性があります。 特に対人関係が苦手なアスペルガーの人には良いのではないでしょうか。

ADHDの人は大人になるのが遅い?学校から職場への移行に時間がかかる場合も

ADHDの人は、同年代の人と比べると大人になるのが遅いそうです。 もちろんこれは人にもよると思いますが、共感できる人も多いのではないでしょうか。私も非常に共感できます。 そしてそのため、学校から職場への移行がうまくいかない場合が多いようです。仕事が長続きしなかったり、仕事を何度も変えたりすることがあるようです。

アスペルガーの人はコンビニバイトに向いている?

一般的に、ADHDやアスペルガーの人は、ワーキングメモリーが弱いと言われています。これは、マルチタスクが苦手だということを意味します。短時間で素早く同時にいろいろなことをするのが苦手だということですね。 コンビニバイトの場合、このマルチタスクの能力が必要になることが多いと思います。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2