仕事一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

精神障害/発達障害者を雇用したい企業が増えている?法改正で変化

最近の法改正により、精神障害/発達障害者を雇用したいという企業が増えているそうです。 これは、企業に精神障害/発達障害者を雇用する義務があるからです。 これは、企業が雇用しなければいけない障害者の数(法定雇用率)が2.0%から2.2%に引き上げられたことが理由のようです。そして、今後その数はさらに増えるそうです。

NO IMAGE

内向的な人が職場で生き延びるための方法は?

内向的な人は外向的な人よりも職場で生き辛いと思います。 たとえば、発言を求められるミーティングや、人が多かったり、音がうるさいオフィスの環境などに疲れてしまう人も多いでしょう。 そこで、内向的な人が職場で生き延びる方法を紹介します。1.「自分の価値を知る」 チャールズ・ダ―ウインや、ローザ・パークス、ガンジーなど、世界の偉人の共通点は「内向的」なことです。 また、心理学者によると、内向的なことは欠点ではなく、悪いことのように思う必要はないそうです。

NO IMAGE

「内向的」な人や「HSP」の人におすすめの「ストレスが少ない仕事」

内向的な人やHSPの人はストレスの少ない仕事がおすすめです。 なぜなら、ストレスにさらされると普通の人以上にエネルギーを消耗しやすいからです。 そのため、できるだけストレスのない仕事がいいですね。 まず、仕事でストレスの原因となるものをいくつか紹介します。まずはこれらが少ない仕事を考えてみると良いかもしれません。

NO IMAGE

「納期が短い仕事は断る」社員の半数以上が発達障害の会社の働き方改革が面白い

仕事をしていると納期が短い仕事をする機会があると思います。 納期が短い仕事があると、一日中そればかり考えて不安を感じたり、多大なストレスを抱えて疲れ果ててしまったりすることはありませんか? 私自身はとてもよく経験があります。 特に、発達障害者の人にとっては、納期が短い仕事は多大なストレスを感じたり、疲労を覚えたりすることがあるようです。 そのため、できれば発達障害の人は納期が短い仕事はしないほうが良いのかもしれません。 実際、以下の社員の7割以上が発達障害者という会社(グリービジネスオペレーションズ)では、納期が短い仕事は断るという方針を決めているそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2