コミュ障や対人関係の苦手な人は「セルフのガソリンスタンドのバイト」がおすすめ?

対人苦手リンク

「セルフのガソリンスタンド」の仕事は、コミュ障や対人関係の苦手な人におすすめです。

なぜなら、人と接することがとても少ないからです。

通常のセルフではないガソリンスタンドの場合は、元気良く大きな声でお客さんを迎えるイメージがありますよね。体育会系に似た感じなので苦手な人も多いと思います。

しかし、セルフの場合はお客さんが自分で全部やりますから、出迎える必要がありません(もちろん、最低限のコミュニケーションは必要ですが)。

その点でコミュ障の人に向いている仕事だと思います。

そこで、簡単にセルフのガソリンスタンドの仕事内容などを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「セルフのガソリンスタンドの具体的な仕事内容」

セルフのガソリンスタンドの仕事は主に「監視」と「給油許可」の2つになります。

「監視」と「給油許可」

従業員は、お客さんがガソリンを入れる際に安全かどうかをチェック(監視)します。たとえば、タバコを吸っていたり、子どもに任せていたりすると危険なので、注意が必要です。

それから問題がなければ許可のボタンを押し、ボタンが押されるとガソリンが給油される仕組みです。

主な仕事はこれだけです。

「レジでの料金精算」

レジでの料金精算も行います。ただし、自動清算のお店の場合は必要ありません。

「物品の販売やカードの勧誘」

物品の販売やカードの勧誘の仕事もあるようです。

これは特にお客さんが多いお店は大変かもしれません。

「清掃」

清掃の仕事もあります。しかし、小さなお店の場合はそれほど大変ではないでしょう。

「深夜がおすすめ」

特におすすめは深夜勤務です。

なぜなら、深夜はお客さんが少ないので人と接することがほとんどないからです。

さらに、深夜だと時給も高くなります。

「危険物取扱者乙種4類の資格で1人勤務が可能」

深夜だと1人勤務のところもあるようですが、基本的に1人で勤務する場合は「危険物取扱者」の資格が必要のようです。

もし深夜に1人で勤務したい人は、この危険物取扱者の資格を取得すると良いでしょう。

特に、ガソリンスタンドで働く場合は危険物取扱者の「乙種4類」を取得するのがおすすめです。乙種4類はガソリンや灯油、軽油などを扱う資格になるからです。

合格率は平均して40%前後で、国家資格の中では比較的取りやすい資格のようです。以下のサイトを見ると詳しいことが分かります。

国家資格である危険物取扱者試験と消防設備士試験の実施機関です。

「まとめ」

以上です。

まとめると、セルフのガソリンスタンドの主な仕事は、「監視」と「給油許可」の2つです。そのため、人と接することは少なく、コミュ障の人にかなりおすすめの仕事だと思います。

特に、深夜の一人勤務は時給も良いのでかなりおすすめだと思います。その場合は資格を取得するのがおすすめです。

セルフのガソリンスタンドのバイトは「【アルバイトEX】」などから探せます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ