ADHDの女性は男性よりもニコチンに依存しやすい?調査で明らかに

対人苦手リンク

ADHDの人はタバコを吸う人が多いと言われています。

アメリカの最新の調査では、ADHDの若い女性は(男性よりも)ニコチンに依存しやすいことが明らかになったそうです。これは「American Journal of Psychiatry」に掲載されたものだそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

若い女性のほうが男性よりもニコチン依存になる

調査ではまず、ADHDの若い男女ともに喫煙者が多いことが確認されたそうです。

しかし、さらに女性のサンプルを増やして調べたところ、若い男性よりも女性のほうがニコチンに依存する人が多いことがわかったそうです。

注意力を高めようとしてタバコを吸う?

研究者によると、ADHDの若い女性は注意力を高めようとしてタバコを吸うのではないかと考えられるそうです。ニコチンが特定の脳領域を刺激する可能性があるため、喫煙がADHDの人の「自己治療」のようになっているそうです。

また、ADHDの女性のほうがうつ病など精神が不安定になりやすく、それもタバコを吸う要因として関係しているかもしれないそうです。

タバコを吸う人というと男性というイメージがありますが、女性のほうがニコチン依存になりやすいというのは意外に思えました。また、ADHDの人はニコチンで注意力を高めようとしているというのもなんとなくわかるような気がします。

しかしもちろんタバコは健康に悪いので止めたほうが良いでしょう。依存症になると注意力を改善するのではなくタバコを吸うこと自体が目的になってしまう可能性もあります。

ADHDの人とタバコの関係は根深い問題のような気もします。

参考記事:Girls with ADHD face increased risk of becoming smokers, study finds

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ