コミュ障の人は「会計士」がおすすめ?

対人苦手リンク

コミュニケーションが苦手で仕事が続かなかったり、職場を転々としている人もいるかもしれません。

そんなコミュ障の人には会計士の仕事がおすすめかもしれません。

会計士の仕事は、ほかの仕事と比べるとコミュニケーションが重視されない仕事だからです。アスペルガー症候群の人に向いている仕事とも言われます。

たとえば、以下のようなネットの口コミがありました。

コミュニケーション能力ない会計士の方が実際おおいですよ。

2チャンネルとかが友達みたいな。

仕事をしていてわからないとこがあったら、質問をする程度ができたら大丈夫です。

春から専門学校に行き、公認会計士を目指そうと思っている大学新2年の学生です。

私の知り合いにも会計士の人がいますが、確かに物静かな感じで、人づきあいはあまり得意ではなさそうな人です。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「資格試験合格が必須」

会計士になるには、公認会計士試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。

まずは試験に合格しなければいけないということですね。公認会計士試験の難易度は高く、司法試験に次いで難しい試験とされているそうです。

そのため、コミュ障の人の中でも勉強が得意な人に向いていると言えるでしょう。人付き合いは苦手だけど、コツコツする勉強は得意という人です。高学歴の人などに多いかもしれません。ただし、学歴は関係ない試験ですので、中卒の人でも試験は受けられるようです。

また、会計に関する仕事ですから、もちろん数字に強くないとダメですね。

「資格でコミュ障をカバー」

合格する人が少ないということは、それだけ貴重な資格とも言えます。

そのため、もし資格があれば、たとえコミュ障だったとしてもその欠点をカバーできる可能性はあると思います。

資格も何もないコミュ障の人と、コミュ障だけど貴重な資格を持っている人のどちらが好まれるかというと、間違いなく後者でしょう。

その点でも、資格が必要な会計士の仕事はコミュ障の人に向いていると言えるでしょう。

「職歴・経歴をカバー」

コミュ障の人の中には、職を転々としていたり、ブランクがあったりと、職歴や経歴が良くないという人も多いでしょう。一般企業にとってはマイナスと見られることが多いと思います。

しかし、会計士の資格を取得すれば、悪い職歴や経歴をカバーできます。

「合格するには?」

公認会計士試験に合格するためには、専門学校に通ったり通信講座を受ける人が多いようです。しかし、中には独学の人もいるようです。

また、最近はオンライン資格講座の「あなたの時間は限られている!最も効率的な法律学習法!【資格スクエア】」なども登場しています。こちらはオンラインで勉強できるので、時間や場所を選びません。

自分に合った勉強方法を選ぶと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ