ADHDの人が食べてはいけない19の食べ物

ADHDの人は食べてはいけない食べ物を紹介します。

これらの食べ物をADHDの人が食べると、ADHDの症状を引き起こしたり、悪化したりする可能性があります。

1.「アイスクリーム」

アイスクリーム

アイスクリームは、乳製品に敏感な人ADHDの症状を引き起こす可能性があります。

2.「ヨーグルト」

ヨーグルト

アイスクリームと同じように、ヨーグルトADHDの症状が悪化する可能性があります。

3.「砂糖」

砂糖

砂糖ADHDの症状を悪化させる可能性があります。

砂糖は気分を安定させる成分のビタミン、酵素、ミネラルを除去するからです。

参考記事:砂糖はADHDを悪化させる?ADHDと砂糖の関係とは

4.「コーヒー」

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは、ADHDの症状を引き起こす可能性があります。

もしコーヒーを飲んだ後に症状が悪化する場合は、カフェインレスのコーヒーなどに変えると良いかもしれません。

参考記事:コーヒーはADHDの症状を改善する?

5.「メカジキ」

メカジキ

魚のメカジキには、水銀が多く含まれていることがあります。水銀はADHDの症状を引き起こす可能性があります

もしメカジキを食べた後に症状が悪化する場合はエビ、ロブスター、サーモンのような水銀があまり含まれていない魚を食べるのが良いです。

6.「チーズ」

チーズ

ヨーグルトやアイスクリームと同じように、チーズADHDの症状を悪化させる可能性があります。

7.「チョコレート」

チョコレート

チョコレートはコーヒーと同じように、カフェインが入っています。

カフェインはADHDの症状を引き起こし、症状を悪化させる可能性があります。

8.「炭酸飲料」

コーラ/炭酸飲料

炭酸飲料には人口着色料、香料、甘味料が多く含まれています。

人口着色料と香料、甘味料はADHDの症状を悪化させる可能性があります。

加えて、多くの炭酸飲料にはカフェインが含まれています。砂糖とカフェインの大量摂取は、過集中と注意力の欠如につながります。

9.「冷凍ピザ」

冷凍ピザ

冷凍ピザには人口着色料と香料が入っています。ちょうど炭酸飲料と同じです。

このような冷凍食品で使用される材料は、ADHDの人の多動性を促進し、集中力を減らすことにつながります。

もしピザが好きなら、自分で手作りしてみてもよいでしょう。

10.「トウモロコシ」

トウモロコシ

トウモロコシのような黄色い野菜は、ADHDの症状を悪化させる可能性があります。

もし黄色い野菜を食べて症状が悪化する場合は、ほうれん草、ピーマン、トマトなど黄色以外の色の野菜を食べるのをおすすめします。

11.「ポテトチップス」

ポテトチップス

ポテトチップスのようなジャンクフードには、人口着色料と香料が含まれているので、ADHDの人には良くありません。

時間があれば自分で作ると良いかもしれませんね。

12.「かぼちゃ」

かぼちゃ

かぼちゃもADHDの人が避けたほうが良い黄色い食べ物です。

前述したように、トウモロコシと同じような理由でかぼちゃはADHDの症状を悪化させる可能性があります。

ただし、全ての黄色い食べ物がADHDに悪いわけではなく、たとえばバナナは問題ありません。バナナは皮だけが黄色く中身は白いからです。

13.「フルーツジュース」

フルーツジュース

多くのフルーツジュースには人口着色料香料が含まれています。

そのため、フルーツジュースを飲む場合は100%の自然の成分のもので、人工着色料と香料が入っていないものをおすすめします。

理想は新鮮な野菜を使用して手作りするのがよいと思います。

14.「ファストフード」

ファストフード

ファストフードはADHDの人が食べてはいけないリストのトップに入ります。

ファストフードで使用されている材料は、ADHDの症状を悪化させる可能性があります。

15.「赤肉(牛肉、羊肉など)」

赤肉

赤肉(牛肉、羊肉など)ADHDの症状を悪化させる可能性があります。

赤肉を食べないことで、ADHDの症状が改善したことを示す研究があります。

赤肉の代わりによりヘルシーなもの、たとえばサーモンやエビなどを食べるのをおすすめします。

16.「栄養ドリンク」

栄養ドリンク

栄養ドリンクは、ADHDの症状を悪化させる可能性のある成分が多数含まれています。

たとえば砂糖、人口甘味料、人口着色料、カフェインなどです。

17.「キャンディ(飴)」

キャンディ(飴)

キャンディは、砂糖と人口着色料が含まれています。この2つはADHDの子どもにとっては悪い組み合わせです。

砂糖と人口着色料は、ADHDの症状の多動性を促進させることを示す研究があります。

特に色が鮮やかで甘みの強いキャンディは避けたほうが良いかもしれませんね。

18.「ケーキミックスとフロスティング」

ケーキミックスとフロスティング

ケーキミックスとフロスティングには、大量の砂糖と人口着色料が含まれています。

大量の砂糖と人口着色料は多動性などのADHDの症状を引き起こす原因となる可能性があります。

19.「冷凍野菜・冷凍果実」

冷凍野菜

果物と野菜はADHDの人に良い食べ物です。

しかし、冷凍野菜冷凍果実の中には、人口着色料が含まれている場合があります。冷凍野菜と冷凍果実を購入するときには、成分表を注意深くチェックしましょう。

また、冷凍野菜と冷凍果実には害虫駆除のために「有機リン系農薬」が含まれている場合があります。

有機リン系の農薬はADHDのような症状を引き起こす原因となることを示す研究があります。

「まとめと感想」

ADHDの人には特に砂糖、人口甘味料、人口着色料、カフェインなどが良くないようです。できればこれらが大量に入った食べ物は避けたほうが良いかもしれませんね。

余裕があれば、市販の物は避け手作りしたものを食べる機会を増やすと良いのかもしれません。

たとえば、市販のポテトチップスの代わりに自分でじゃがいもをスライスしてフライパンで炒めれば、それほど難しくなくポテトチップスを作ることができます。お金もかからないでしょう。

小さなところから工夫していくとよいのかもしれません。

参考記事:Managing ADHD: 15 Foods to Avoid / 7 Terrible Foods for ADHD

またこちらの記事も合わせてお読みください:ADHDの子供が食べたほうが良い15の食べ物

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2