回避性人格障害の人に向いている仕事は?

「回避性人格障害」の人に向いている仕事は何でしょうか?

おそらく「人とあまり接しない仕事」や「対人ストレスの少ない仕事」だとは思うのですが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで海外の掲示板で紹介されている、「回避性人格障害の人におすすめ」とされる仕事をいくつか紹介します。当事者の人の意見も含まれているようです。以下の記事を参考にしました。

I'm 18 years old in college with absolutely no job experience. My options are limited to working at a grocery store, coffee shop, clothes stores... What would
スポンサーリンク

1.「ウエブデザイナー」

2.「プログラマー/WEBエンジニア」

もし適性があるなら、「プログラマー」や「WEBエンジニア」がおすすめです。

この仕事は主にコンピュータのコードに向き合う仕事です。人と話すことの多くは、コンピュータのコードに関してです。これらはすべて実務的な話なので、社会不安障害を抱えていても問題ありません。

さらに収入も比較的高い仕事です。

ただし「適性」が必要とされる仕事なので、誰にでも向いているというわけではないと思います。

3.「会計の仕事」

4.「カスタマーサービス」

ただしカスタマーサービスの中でも「人の悩みを解決する部署」が良いようです。苦情を受ける部署は回避性人格障害の人にはあまり向いていないかもしれません。

5.「図書館司書」

図書館の仕事は静かでストレスもあまりありません。ただし定型的で短いですが、人との接触は生じます。

6.「在宅の仕事/フリーランス」

在宅やフリーランスの仕事は気の合わない同僚や上司などと一切かかわらなくて済むので、人間関係のストレスはありません。

ただし一緒に働く仲間がいなくなり、人づきあいが苦手になったり、孤独を感じたり、収入が不安定になったり、などのデメリットもあります。

在宅の仕事は「【クラウドワークス】」や「クラウドソーシング「ランサーズ」」などで探せます。

7.「トラックドライバー」

8.「お金を稼ぐのはあきらめて、出家する」

9.「自然保護の仕事」

10.「工場の仕事」

工場の仕事も周りに人はたくさんいますが、各自持ち場が決まっている場合が多く、比較的人と接触することが少ない仕事です。

工場の仕事は「工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」」などで探せます。

11.「郵便局の配達の仕事」

多くの時間郵便を配達するだけなので、人と話すことはほとんどありません。郵便を届けたときにサインを求めるくらいです。

12.「教員」

他の仕事と比べた場合、教員の仕事は批判されたり、細かくチェックされたりすることはあまりありません。どのような授業をするのかも教員自身で決めることができるので、比較的自由度の多い仕事です。

13.「動物を扱う仕事」

もし人よりも動物がいいなら、動物を扱う仕事がいいかもしれません。

回避性人格障害の人に合った仕事を探すのに転職サイトも役に立ちます。「障がい者の転職求人情報アイエスエフネットジョイ」(障がい者向け)、アルバイトから始めるなら「バイト探しはシフトワークス」などがおすすめです。

参考記事:What’s the best job for someone with AvPd?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ